A FAREWELL TO THE SEASHORE-1 管理人は長い間『A FAREWELL TO THE SEASHORE』(以下『午後の水平線』)が大好きだった。でも2011年の今,声を大にして叫びたい。
 管理人は『午後の水平線』を愛しています。以前の好きは「子供の好き」。現在の好きは「大人の好き」なのです。

 はて,一体を書いているの? 要は同じ好きでも好きレベルは「雲泥の差」なのです。浮気をしても巡り巡ってモトサヤへ帰ってくる? やっぱり『午後の水平線』が大好きなのです。そして以前の何倍も愛してしまっているのです。

 つい最近,このCD批評松岡直也レヴューのために,毎日松岡直也を聴いていた。そして感じたこの“と・き・め・き”。この“と・き・め・き”は松岡直也の全所有ディスコ・グラフィの中で『午後の水平線』が唯一無二。

 自分の中で松岡直也は『夏の旅』『ロング・フォー・ジ・イースト』『スプラッシュ・アンド・フラッシュ』『ウォーターメロン・ダンディーズ』『ハートカクテル』『日曜島へ』がピークという評価が確立されてしまっていて『夏の旅』以前&『日曜島へ』以後の松岡直也は「それなり」と思っていた。
 そう思っていたからこそ『午後の水平線』のメガトン・パンチがクリーン・ヒット。カウンターで『午後の水平線』に“魂をエグラれてしまった”みたい。

 元々,管理人と松岡直也の「出会い」は『午後の水平線』だった。聴いたのは松岡直也が売れていたから。そんなもん。当時中学生の管理人が愛していたのはカシオペアスクェアナニワの“御三家”だった。プリズムMALTA松岡直也渡辺貞夫高中正義らは“おつまみ”だった。
 そんな“おつまみ”の中でも,本当によく摘んでいたのが『午後の水平線』。ギター・フュージョン好きの読者の皆さんなら“おつまみ”理由は分かるでしょ?

 昔好きだった音楽を耳にすると,所謂「思い出が甦る」経験をするものです。管理人も『午後の水平線』と共に過ごした青春の思い出が甦ってくることを期待していました。
 …が,2011年に聴く『午後の水平線』がとにかく新鮮。顔馴染みの友人とある日突然恋が始まった感覚? 完全にときめいちゃったのであります。

 ギターとリズムが突っ込み気味で前のめりのイケイケ【サンスポット・ダンス】。【午後の水平線】こそ松岡直也の真骨頂。爽やかな哀愁ロマンティックの佳曲。チャーミングな管理人一番のお気に入り【メイプル・ウィンド】。妖艶なマイナー・ナンバー【オブリビオン・イン・ザ・サンド】。夕凪な【夕なぎ】。ハートカクテルの走りな【フリー・ヴァイッジ】。これぞラテン・フュージョンの王道【モノローグ】。さよなら夏の日【ザ・ラスト・サマー・デイ】には隠しトラックの【夕なぎ】のメロディー。

 曲調やジャケットのセンスからして“バカ売れ”『九月の風 〜 通り過ぎた夏』を意識した『午後の水平線』であるが,出来上がりは「似て非なるもの」。『午後の水平線』は『九月の風 〜 通り過ぎた夏』の続編ではなく『夏の旅』の序曲であった。完。

※ 『午後の水平線批評ジャケット写真はミュージック・カセット・テープ版です。

  01. SUNSPOT DANCE
  02. A FAREWELL TO THE SEASHORE
  03. MAPLE WIND
  04. OBLIVION IN THE SAND
  05. EVENING CALM
  06. FREE VOYAGE
  07. MONOLOGUE
  08. THE LAST SUMMER DAY

(ワーナー・パイオニア/WARNER-PIONEER 1983年発売/LKF-8052)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)