ASSEMBLE A CREW-1 本田雅人本田バンドだ〜。そう強く思ってしまうのが『ASSEMBLE A CREW』。
 『ASSEMBLE A CREW』は本田雅人のソロ名義にして,本田バンドのデビュー盤。ついにこの日がやってきた〜。

 本田バンドにメンツは5人。リーダー=本田雅人アルト・サックスソプラノ・サックステナー・サックスバリトン・サックスEWIフルートフリューゲル・ホーントランペット梶原順ギター松本圭司キーボード青木智仁ベース則竹裕之ドラム
 そう。『WHAT IS FUSION』と同メンツ。『ASSEMBLE A CREW』でコンビネーション・チリバツ・バンドの初のスタジオ入り〜。お殿様のおな〜り〜。貫禄のデビュー盤である。
 いや〜,完全なるバンド・サウンド。メンバー固定の初フル・アルバム特有の“旨み”が出ている。シャープなのに一体感とか統一感とか。見事にまとまっているんだな〜。

 前作『CROWDED COLORS』で“オレ様”全開=自分を出し尽くした本田雅人。その満足感が本田雅人に「次は仲間と」の意識を植え付けたのか『ASSEMBLE A CREW』は,T−スクェアのフロントメン時代の“バンドの一員”的な演奏である。
 勿論,ソロになるといつもの“オレ様”全開のアドリブ・ラッシュなのだが,アンサンブルではバンド・メンバーを前に押し出す黒子役。アクセントの短いフレージングの連続は“神の子”ウェイン・ショーターの領域に足を踏み出している。

 そんな本田雅人のバンド指向の「意思表示」は明確。
 まずはT−スクェアを彷彿とさせる「EWIソプラノ押し」。【ATHLETE】の抜群のドライブ感。【君はエスパー】の軽快なポップ感。【SHO−JO−JI】は本田バンド版ウェザー・リポート。『ASSEMBLE A CREW』のハイライト・トラック=【桃色散歩道】は北九州の音。【音の雫】における豊かな“音の表情”。いい。大好き。他の6トラックも概ねメロディ重視。高難度の刻みも当然あるが必然性を感じるパートで登場する。
 そう。『ASSEMBLE A CREW』は全体的に,本田雅人にしては珍しく“聞き流せる”雰囲気のCDである。

 本田雅人のバンド指向の「意思表示」は『ASSEMBLE A CREW』のジャケット写真にも表われていて,表のクレイ風の5人のフィギュアとインナーの5人での集合写真。本田雅人“初”のゲスト入りなのだ。

ASSEMBLE A CREW-2 T−スクェアBBステーションフォー・オブ・ア・カインドウィットネスVOEとバンド活動を中心に活動してきたバンドマン=本田雅人にとっての「ホーム」こそ本田バンド。
 名前こそ本田バンドを名乗っているが,実体はフレキシブルなライブ専門の「臨時なのにレギュラー・バンド」。毎日セッションしている売れっ子集団の“楽しみ”が本田バンドに宿っている。

 そんな本田バンド(本田雅人と愉快な仲間たち)の“記念写真”が『ASSEMBLE A CREW』であり“記念写真”の続きが『FOUR OF A KIND 』『WITNESS LIVE!』『MASATO HONDA WITH VOICE OF ELEMENTS』である。

 本田雅人のバンドマン人生が少しでも長く続きますように…。

  01. Athlete
  02. Orange
  03. Smile2
  04. 君はエスパー
  05. Panther
  06. Sho-Jo-Ji
  07. Yellow Bird
  08. 桃色散歩道
  09. Center Street
  10. 音の雫

(ビクター/JVC 2004年発売/VICJ-61209)
(デジパック仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)