SILENT SAVANNA-1 サヴァンナ育ちの“野生児”ナニワ・エキスプレスが,都会に上京し“洗練”されたのが『SILENT SAVANNA』(以下『サイレント・サヴァンナ』)。

 『サイレント・サヴァンナ』でのナニワ・エキスプレスは,土着から垢抜けた「スッキリ爽快!」。
 ズバリ『サイレント・サヴァンナ』の音造りは「目指せジャズ・インストゥルメンタル・ポップ!」である。

 【THE LADY OF TOLEDO】【HI−LAND】における超大物ゲスト=日野皓正コルネットフリューゲルホーンで“ジャズらしさ”を演出しつつ,青柳誠の打ち込みの才能をフィーチャリングした,王道のフュージョン・サウンドてんこ盛り!
 ここまであからさまに「フィーチャリング青柳誠」をやるのなら,フロントは日野皓正コルネットではなく青柳誠テナー・サックスのままで良かったのでは?

 いいや『サイレント・サヴァンナ』での「フィーチャリング青柳誠」の真実は「フィーチャリングキーボード・プレイヤー”青柳誠」である。
 元来,ナニワ・エキスプレスのツイン・キーボードの内訳は,メロディ&テーマ弾きの中村健児サックス兼ソロ・パート弾きの青柳誠。その青柳誠が『サイレント・サヴァンナ』でついにキーボード・プレイヤーに専従している。
 この決断が,ナニワ・エキスプレスの音楽性を「ジャズ・インストゥルメンタル・ポップ」へと押し広げている。【BOYS BE GO GO】【ANIMALS】での打ち込みが,ナニワ・エキスプレスの「新兵器」へと加えられたと思う。

 ただし“ド派手な重戦車”ナニワ・エキスプレスに「新兵器」など必要なかったのになぁ。ここは今のクールポコ(「男は黙って」)昔の日向小次郎(「キャプテン翼」)で通して欲しかったよなぁ。

SILENT SAVANNA-2 でもやっぱり?岩見和彦ギターフュージョンが“大好物”な管理人としては【NIGHT FLOWER】一押し。この美メロにしてこの躍動感。たまんねぇ。
 岩見和彦東原力哉インタープレイはレコーディングではない。バスドラ一発のスタジオ・ライブ。この岩見和彦東原力哉のタイム感覚がナニワ・エキスプレス独特の“味”である。

 そしてスロー・バラードの大名演METEOR】が二押し。【METEOR】は涙なしには聴けません。【METEOR】こそが,解散ライブで選ばれたナニワ・エキスプレスのラスト曲。沈むナニワの陽に様々な涙を重ね合わせてしまいます。大好きだったよ〜。

  01. THE LADY OF TOLEDO
  02. PARADISE
  03. BOYS BE GO GO
  04. METEOR
  05. ANIMALS
  06. NIGHT FLOWER
  07. HI-LAND
  08. LAZY FANTASY
  09. LET ME TRY

(CBSソニー/CBS/SONY 1985年発売/32DH263)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)