“年に一度の音楽の祭典”第53回(2010年度)のグラミー賞が本日発表された。
 レディ・アンテベラムが最優秀楽曲賞,最優秀レコード賞の主要2部門を含む5冠達成が話題だが,今年の主役はジャズ・ベーシストエスペランサ! ジャスティン・ビーバーやドレイクを抑えジャズ・ベーシスト兼がバークリー音楽院卒業の最年少講師が最優秀新人賞を受賞した。未来のジャズ界を担う逸材の大ブレイクである。

 そして書かねばならない祝・日本人4人の同時受賞。
 内田光子松山夕貴子も素晴らしいが,ついに来た! ジャズ・ピアニスト上原ひろみ“ロード・トゥ・チック・コリア”への初受賞。『スタンリー・クラーク・バンド』の正式名称は『THE STANLEY CLARKE BAND FEATURING HIROMI WITH RUSLAN AND RONALD BRUNER JR.』。上原ひろみフィーチャリング・アーティストなのだ。

 世間一般にはタック松本こと松本孝弘である。あのラリー・カールトンと「LARRY CARLTON & TAK MATSUMOTO」名義で発表したアルバム『TAKE YOUR PICK』が,最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム賞受賞! これでB’zは人気の稲葉浩志+実力の松本孝弘と呼ばれるかも?

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『FIELD 10 − JAZZ』の受賞作の発表で〜す。

----------------------------------------------------------------------------

Category 44 - Best Contemporary Jazz Album


The Stanley Clarke Band and Hiromi★ The Stanley Clarke Band
The Stanley Clarke Band


----------------------------------------------------------------------------

Category 45 - Best Jazz Vocal Album


Eleanora Fagan 1915-1959: To Billie With Love From★ Eleanora Fagan (1915-1959): To Billie With Love From Dee Dee
Dee Dee Bridgewater

----------------------------------------------------------------------------

Category 46 - Best Improvised Jazz Solo


イマジン・プロジェクト★ A Change Is Gonna Come
Herbie Hancock, soloist /
Track from : The Imagine Project

----------------------------------------------------------------------------

Category 47 - Best Jazz Instrumental Album, Individual Or Group


Moody 4B★ Moody 4B
James Moody


----------------------------------------------------------------------------

Category 48 - Best Large Jazz Ensemble Album


Mingus Big Band Live at Jazz Standard★ Mingus Big Band Live At Jazz Standard
Mingus Big Band


----------------------------------------------------------------------------

Category 49 - Best Latin Jazz Album


チューチョズ・ステップス★ Chucho's Steps
Chucho Valdés And The Afro-Cuban Messengers


----------------------------------------------------------------------------

 Category 47。まずは順当にジェームス・ムーディーが受賞。遺作が受賞するのは半ばグラミー賞の慣行。しかしジェームス・ムーディーの『MOODY 4B』は実力で勝ち取った感アリアリの名演である。

 管理人にとってジェームス・ムーディー“御大”と来れば,アドリブログヒロインでありモチベーションである矢野沙織の“お師匠様”! 次は弟子である矢野沙織が「師匠の衣鉢を継ぐ」でグラミーを受賞してほしい! 上原ひろみに続け矢野沙織! 結婚されましたのでミーハーはやめようと思っているが,事の発端は実力に「ビビッ」ときたジャズメンなのだから…。

 2010年度の大注目はCategory 46ハービー・ハンコックキース・ジャレットハンク・ジョーンズウイントン・マルサリスの大混戦! ここ最近では類を見ないジャズの巨人たちによる鍔迫り合い!
 勝ったのは鼻差でハービー・ハンコック! 次点は遺作が受賞するのグラミー賞の慣行からハンク・ジョーンズであろう。管理人のごひいきキース・ジャレットウイントン・マルサリスは,今回は馬場が合わなかったということで( 昨日でました小倉競馬場でのJRA史上最高額風? )。

おまけ:上原ひろみグラミー受賞コメント。「受賞は朝の7時にリーダーであるスタンリー・クラークからの電話で知りました。スタンリー・クラーク・バンドグラミー賞をいただき,バンドの一員として,とても光栄です。スタンリー・クラークという素晴らしいベーシストと一緒にアルバムを作り,ツアーができたことが,私にとって何よりの喜びでした。これからも,目の前にあるライブに全集中力を注ぎ,日々頑張ります。この賞に恥じないミュージシャンになりたいので。まだまだです」とは上原ひろみらしい。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)