SPEAKING OF NOW LIVE-1 管理人の愛するパット・メセニー・グループの(『コードネームはファルコン』を除いた)12作目『SPEAKING OF NOW』(以下『スピーキング・オブ・ナウ』)は,5年ぶりのアルバムにして大幅なメンバー・チェンジの“新生”パット・メセニー・グループ名盤である。

 アルバム・タイトルの『スピーキング・オブ・ナウ』とは「現在のパット・メセニー・グループ・サウンド」の意。
 不動のレギュラー・メンバー3人(ギターパット・メセニーピアノライル・メイズベーススティーヴ・ロドービー)と新加入の3人(ドラムアントニオ・サンチェスボーカルパーカッションリチャード・ボナトランペットクン・ヴー)の融合が織り成す新たなユニヴァースは,メンバーが変わっても,いい意味で“伝統の”パット・メセニー・グループ・サウンドに変化なし。

 く~っ。繰り返し聴き込むうちに押し寄せる“強くて深いメロディ・ライン”が感動的である。そう。パット・メセニー自身が語っているように“新生”パット・メセニー・グループは“シンフォニックでファンタジック”であった。

 ではライブはどうなのか? その答えが『SPEAKING OF NOW LIVE』(以下『スピーキング・オブ・ナウ・ライヴ・イン・ジャパン』)にある。
 『スピーキング・オブ・ナウ・ライヴ・イン・ジャパン』は“新生”パット・メセニー・グループの『スピーキング・オブ・ナウ』の“恒例”プロモーション・ワールド・ツアーライブDVD

 『スピーキング・オブ・ナウ』に限らず,パット・メセニー・グループは新作のプロモーション・ワールド・ツアーで,ニュー・アルバムの音を固め楽曲を磨き上げていく。そうした日々のチャレンジを共有することでパット・メセニー・グループ自体も成長していく。
 管理人の結論。『スピーキング・オブ・ナウ・ライヴ・イン・ジャパン』程,濃密な音に仕上がったライブはない。CDを再現したアレンジのはずなのに,楽曲成長の余地,伸び代を感じさせたライブはない。

 元々『スピーキング・オブ・ナウ』の第一印象は“さらっと聴けて飽きがこない”であった。以前のパット・メセニー・グループの特長である“突き抜けた曲”はない。全体のトーンは渋い音色。
 それがどうだろう。『スピーキング・オブ・ナウ・ライヴ・イン・ジャパン』で聴いた“馴染みの”【PROOF】【ANOTHER LIFE】【A PLACE IN THE WORLD】は,ライル・メイズの雄大なスケール感。【GO GET IT】【THE GATHERING SKY】は,アントニオ・サンチェスの1人ポリリズム。【YOU】【ON HER WAY】は,リチャード・ボナのマルチな才能のコンビネーション。

 全てに“成熟した音使い”が素晴らしい。パット・メセニーの提供したソロの素材を自分色で塗り替えることで,楽曲のイメージを“より強烈&鮮明”に感じることができた。

 『スピーキング・オブ・ナウ』成長の要因=新メンバーの成長=新生”パット・メセニー・グループの成長であろう。

 パット・メセニー・グループ初のホーン奏者となったクン・ヴー。【SCRAP METAL】を聴けば,なぜパット・メセニークン・ヴーをスカウトしたかがよく分かる。
 クン・ヴーパット・メセニーの“アイドル”オーネット・コールマンである。クン・ヴーとの共演でパット・メセニーギターが歓喜の声を上げている。

 【SONG FOR BILBAO】で“本職”のベーシストへと戻ったリチャード・ボナが“パット・メセニー・グループの一員として”ボーカリストへと徹している。
 リチャード・ボナパット・メセニーの“アイドル”ジョージ・ベンソンである。超高速でのベースボーカルのユニゾンは,ジョージ・ベンソンの高速スキャット以上である。ボナを見つめるメセニーの“恍惚の表情”に大注目。

SPEAKING OF NOW LIVE-2 …と『スピーキング・オブ・ナウ・ライヴ・イン・ジャパン』での“豊穣の音”についてレビューしてきたが『スピーキング・オブ・ナウ・ライヴ・イン・ジャパン』のハイライトは“無音&沈黙”の瞬間にある。

 そう。【IN HER FAMILY】終わりのパット・メセニーライル・メイズのあんなに“満足げな表情”を見せられたら…。いつしか会場全体が2人の“静かな感動”を共有する様に涙&涙します。
( 注: ライブDVDIMAGINARY DAY LIVE』での【SEPTEMBER FIFTEENTH】と同じ展開ではありますが,パット・メセニーライル・メイズの“感動の質”が桁違いです )

 最後にDVDの“お約束”パット・メセニーギター祭り批評
 相変わらずトラック毎にギターを“とっかえひっかえ”原曲のデフォルメ・アレンジで弾きまくっています。見所を2つだけ挙げると『ONE QUIET NIGHT』で“初見参”の【LAST TRAIN HOME】のバリトン・ギターと【ARE YOU GOING WITH ME】でのピカソ・ギター。“ジャズ・ギタリストパット・メセニーのハイ・テクニックの秘密が超アップで楽しめます。

PS 『スピーキング・オブ・ナウ・ライヴ・イン・ジャパン』を見終えて苦言を一言。白熱のステージをおとなしく見守る観客の山。日本人はなんてお行儀が良いのだろう。そんなことだから『THE WAY UP - LIVE』は韓国に取られてしまうんだよなぁ。あっ,パット・メセニーギター・プレイを“お口あんぐり”で見入ってしまった管理人の姿が? だって“お口あんぐり”しちゃうもん?

  01. Last Train Home
  02. Go Get It
  03. As It Is
  04. Proof
  05. Insensatez (How Insensitive)
  06. The Gathering Sky
  07. You
  08. A Place In The World
  09. Scrap Metal
  10. Another Life
  11. On Her Way
  12. Are You Going With Me?
  13. The Roots Of Coincidence
  14. A Map Of The World ~ In Her Family
  15. Song For Bilbao

    PAT METHENY GROUP
    PAT METHENY : Acoustic, Electric & Synth Guitars
    LYLE MAYS : Acoustic Piano, Keyboards, Guitar
    STEVE RODBY : Acoustic & Electric Bass
    RICHARD BONA : Vocals, Percussions, Guitar,
                 Electric Bass

    CUONG VU : Trumpet, Vocals, Percussions, Guitar
    ANTONIO SANCHEZ : Drums

(ビデオアーツ/VIDEOARTS 2003年発売/VABJ-1112)
(ライナーノーツ/熊谷美広)

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)