NEW ROAD, OLD WAY-1 『NEW ROAD, OLD WAY』(以下『ニュー・ロード,オールド・ウェイ』)は,T−スクェアの“ブラス・ロック”作である。
 古き良き時代【GOOD OLD DAYS】のアメリカのイメージが湧き上がってくる。

 これって,ジェリー・ヘイゲイリー・グラント ラリー・ウィリアムズのブラス隊のせい? それともチャック・レイニージム・ケルトナーのリズム隊のせい?

 NO! 聴けば聴くほど安藤まさひろなのである。驚くべき作曲能力の名曲群。ユーミンつながりなあの感じ…。いや〜,懐かしい。

NEW ROAD, OLD WAY-2 オールド・ウェイから始まるニュー・ロードT−スクェアニュー・ロードオールド・ウェイから続いている。

 『ニュー・ロード,オールド・ウェイ』で,松本時代と本田時代を遡り,伊東前期と伊東後期が一本道でつながった。

  01. DOWN TO MEMPHIS
  02. PHAT PHUNK
  03. HIT THE STREETS
  04. ONE FOR THE ROAD
  05. AURORA
  06. GOOD OLD DAYS
  07. COME AND GET IT
  08. ANCIENT DREAMS
  09. UNITED SOUL

(ヴィレッジ/VILLAGE 2002年発売/VRCL-3339)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)