SWEET & GENTLE-1 『BLUE IN RED』で和泉宏隆本田雅人が脱退し『GRAVITY』でも難波正司が脱退した。
 主力メンバーが抜けても抜けても,安藤まさひろは次々に素晴らしい才能を見い出してくる。

 和泉宏隆の後任に難波正司本田雅人の後任に宮崎隆睦。そして『SWEET & GENTLE』(以下『スウィート・アンド・ジェントル』)で難波正司の後任に迎えたのが松本圭司である。

( もしかして安藤まさひろは「日本のアート・ブレイキー」なのか? NO。「日本のアート・ブレイキー」の称号はアート・ブレイキーと同じくドラマー則竹裕之。理由は『WORDLESS ANTHOLOGY 』のライナーノーツをご参照ください )

 新キーボード・プレイヤー=松本圭司の引き出しが凄い。後日,凄すぎるがゆえの賛否両論を巻き起こした,とにかく凄いパフォーマンス。古くからのスクェア・ファンに否定派が多かったように思うが,安藤まさひろ則竹裕之本田雅人,そしておまけに管理人も松本圭司の肯定派。松本圭司は真に“天才”だと思う。

 『スウィート・アンド・ジェントル』での暴れっぷり。サポート参加にも関わらず完全にT−スクェアのサウンド・カラーを塗り替えている。バンドを掌握し自由自在にコントロール感ありあり。っていうか「お前,前に出過ぎだろ」の存在感あるアドリブ。結果,T−スクェアをシーンの最先端へと押し上げる“実験作”仕様。

 松本圭司のフレージングは変幻自在。ジャズフュージョン,テクノ,ロック,ポップスをボーダーレスに行き巡る。さらには最先端のシンセサイザーサンプラーと組み合わせる生ピアノでの実験的なアプローチ。おお,これぞ日本版「E.S.T.」? T−スクェアが「ジャズを演奏するポップ・バンド」へと変貌した?

 『スウィート・アンド・ジェントル』の音の骨子は,正式メンバーではない松本圭司主導。T−スクェアの“松本化”を許すとは…。やはり安藤まさひろの心はおおらか&人選眼に狂いなし。
 さらに言えば,T−スクェアの“松本化”は「T−スクェア宮崎隆睦あり!」を知らしめる偶然の副産物を産んでいる。安藤さん,ここまでは狙っていませんよねっ。

SWEET & GENTLE-2 『スウィート・アンド・ジェントル』で宮崎隆睦T−スクェアにバッチリハマッタ。T−スクェア史上初,サックスギターキーボードと同等のバンドになった。

 これは悪口ではなく宮崎隆睦への褒め言葉である。これまでの伊東たけし本田雅人の個性が飛びぬけて強すぎていた。宮崎隆睦の“バンドの個性”にとろけるサックスエリック・マリエンサル然としている。
 表面は甘く優しい紳士の音。しかし内面は燃え盛るロック・サウンド。

 『スウィート・アンド・ジェントル』で,T−スクェアは「E.S.T.」を経由して「チック・コリア・エレクトリック・バンド」に近づいた。キーボード主導のサックスで奏でる安藤メロディ。これである。
 表面は甘く優しい紳士の音。しかし内面は沸き立つロック・サウンド。

 『スウィート・アンド・ジェントル』も全曲捨て曲なし。
 特に【MAKE IT STONED】【CAN YOU FEEL IT】での“ロックな安藤節”と【SCRAMBLING】での「王道フュージョン」+【SWEET & GENTLE】での「メロウなフュージョン」の4曲は,歴代のT−スクェア名曲群への“殿堂入り”であろう。他の5トラックも文句なしに素晴らしい。
 表面は甘く優しい紳士の音。しかし内面は肉欲のロック・サウンド。

 管理人の結論。『スウィート・アンド・ジェントル批評
 「名盤中の名盤」という評価を乱発している自覚はある。しかし,甘く優しい“オブラートに包まれた”欲望の音世界=『スウィート・アンド・ジェントル』にも「名盤中の名盤」の称号を贈ろう。『スウィート・アンド・ジェントル』が好き過ぎて,半額セールにつられて紙ジャケ盤にて買い直した一枚です。

  01. MAKE IT STONED
  02. DALI'S BOOGIE
  03. A DAY IN BLUE
  04. FROM TANJAVUR
  05. SCRAMBLING
  06. PARK AVE. SOUTH
  07. SCENE-000
  08. CAN YOU FEEL IT
  09. SWEET & GENTLE

(ソニー/SONY 1999年発売/VRCL2124)
★【初回生産限定盤】ミニLP紙ジャケット仕様

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)