WORDLESS ANTHOLOGY  − MASAHIRO ANDOH SELECTION & REMIX + 1-1 祝・ザ・スクェアT−スクェア・デビュー20周年!
 20年と言えば,赤ん坊〜成人式! バンドの歩みも人生同様,順調な時もあれば難しい時もある。人との出会い=メンバー・チェンジ。紆余曲折を経てスクェアの比類なき音楽性も発展した。

 ザ・スクェアT−スクェア20年の歴史を「ベーシストの交代」で整理するべくリリースされた記念盤が『WORDLESS ANTHOLOGY』シリーズ3部作! 
 『WORDLESS ANTHOLOGY』シリーズは,スクェアのリーダー=安藤まさひろ自らセレクト&リミックス&発掘別テイク(未発表曲)集。
 『WORDLESS ANTHOLOGY』シリーズの“売り”である「選曲の妙・音質向上・新アレンジ」の3拍子だけでも“買い”であろうが,ズバリ『WORDLESS ANTHOLOGY』シリーズの最大の魅力は,安藤まさひろ直伝のライナーノーツ
 曲目解説も凄いが,ザ・スクェアの裏話を初暴露!? 身内ネタというかあくまでも安藤さんの“個人的見解”と受け止めるべきものでしょうが,読んで納得。やっぱり音楽にはミュージシャンの人間性が表われるを再確信。『WORDLESS ANTHOLOGY』シリーズは単純に“読み物”としても面白い?

 「ザ・スクェアT−スクェアの2期」『WORDLESS ANTHOLOGY 供 檗。唯腺咤腺硲稗劭蓮。腺裡庁錬函。咤釘味釘達圍稗錬痢  REMIX + 1』は『MAGIC』『脚線美の誘惑』『うち水にRAINBOW』『ADVENTURES』『STARS AND THE MOON』『R・E・S・O・R・T』『S・P・O・R・T・S』の7枚からのセレクション

WORDLESS ANTHOLOGY  − MASAHIRO ANDOH SELECTION & REMIX + 1-2 「ザ・スクェアT−スクェアの2期」は,田中豊雪のパフォーマンスと和泉宏隆のカラーリング。そして歌モノ指向への決別だったとか…。な・る・ほ・ど。

 『WORDLESS ANTHOLOGY 供 檗。唯腺咤腺硲稗劭蓮。腺裡庁錬函。咤釘味釘達圍稗錬痢  REMIX + 1』の「+1」の真実は【IT’S MAGIC】と【FORGOTTEN SAGA】の未発表ライブの「+2」。伊東たけしアドリブが冴え渡っていますよっ。

PS 『WORDLESS ANTHOLOGY』シリーズ3部作は発売数ヶ月後に3枚同時購入しました。『WORDLESS ANTHOLOGY 』は初回限定盤をGETできたのに『WORDLESS ANTHOLOGY 』『WORDLESS ANTHOLOGY 』の初回限定盤は既に売り切れ。「スクェアの2期」「スクェアの3期」の人気の高さを実感した次第です。

  01. CHOU CHOU
  02. IT'S MAGIC
  03. CHANGE YOUR MIND
  04. HEARTS
  05. SABANA HOTEL
  06. TRAVELERS
  07. CAPE LIGHT
  08. OMENS OF LOVE
  09. IN THE GRID
  10. FORGOTTEN SAGA
  11. TAKARAJIMA

(ソニー/SONY 1999年発売/SRCL4472)
(ライナーノーツ/安藤まさひろ)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)