ALIVE!!〜LIVE AT BLUE NOTE TOKYO-1 “小曽根真の七不思議”の一つが,なぜかライブ盤が出ないことであった。
 「ジャズライブ」に限る。そのことを他の誰よりも小曽根自身が知っているはずなのに…。

 そんな小曽根真ライブ盤がついに出た! 「ザ・トリオ」10周年アニバーサリー企画第2弾『ALIVE!!〜LIVE AT BLUE NOTE TOKYO』。
 そう。小曽根真初のライブ盤にして,初のDVD盤である。( ←注:塩谷哲との共演盤『デュエット』は異色盤ですのでカウントなし!? )

 『ALIVE!!〜LIVE AT BLUE NOTE TOKYO』を見て,冒頭の“小曽根真の七不思議”の秘密を垣間見た気がする。『ALIVE!!〜LIVE AT BLUE NOTE TOKYO』の“クオリティの高さ”はハンパではない。

 「ザ・トリオ」の演奏が完璧なのは当然として,なんと今回も名エンジニア=ジョー・ファーラが参戦している。録音が良ければ照明も良い。映像の方もカメラも多いし,カット割も見たいポイントにちゃんと映像が切り替わる“ファン目線”での編集にも配慮が行き届いている。
 この“クオリティへのこだわり”が小曽根真ライブ盤の発売を躊躇させてきた理由であろう。小曽根真はNY在住の日本人ジャズメンであった。

 『ALIVE!!〜LIVE AT BLUE NOTE TOKYO』は,「ザ・トリオ」10周年記念盤『ファースト・ディケイド』ジャパン・ツアーのライブ。そう。「ザ・トリオ」貫禄のベストライブである。

 『ALIVE!!〜LIVE AT BLUE NOTE TOKYO』の見所は「ザ・トリオ」3人の見事なコンビネーション! 超一流の3人が,互いをリスペクトし,心を合わせ,息を合わせている。小曽根真のアイ・コンタクトで「ザ・トリオ」が“しなやかに”スイングしている。
 特にトリオとしての音の強弱の付け方が絶品である。小曽根真の日本人離れしたリズム感が実に素晴らしい。

ALIVE!!〜LIVE AT BLUE NOTE TOKYO-2 それにしても,あの小曽根真の満点笑顔! 超高速タッチでピアノをドライブしている間も,演奏するのが楽しくて楽しくてしょうがない様子。小曽根真の満点笑顔がジェームス・ジーナスクラレンス・ペンにも伝染し,やがては「ザ・トリオ」の音楽全体に楽しさが充満していく。

 『ALIVE!!〜LIVE AT BLUE NOTE TOKYO』ではアルバムでの演奏以上に,ジェームス・ジーナスベース・ソロ,クラレンス・ペンドラム・ソロに多くの時間が割かれているのがいい。「ジャズライブ」の本領発揮である。

 さて『ALIVE!!〜LIVE AT BLUE NOTE TOKYO』の初回生産限定盤は,収録日の演奏全曲をコンプリート収録したスペシャル・パッケージ仕様のライブCD付属。読者の皆さんも買うなら迷わず初回生産限定盤をセレクトしてください!

 いや〜,このライブCDが侮れない。これはおまけではない。クオリティにこだわる小曽根真“自慢の逸品”である。
 管理人はこのCD盤の演奏が好きで好きで,DVDを買ったのかCDを買ったのか分からなくなるヘヴィー・ローテーション。『ALIVE!!〜LIVE AT BLUE NOTE TOKYO』の唯一の汚点はDVDに収録するか,CDに収録するかの選曲ミス? 【ビエンヴェニードス・アル・ムンド】だけは映像付で見たかった〜。

    DVD
  01. THREE WISHES
  02. BRAZILIAN SKETCH
  03. HOME
  04. CENTRAL BOOKING
  05. LULLABY FOR RABBIT
  06. THE BEGINNING
  07. ASIAN DREAM
  08. NO SIESTA
  09. MY FOOLISH HEART

    CD
  01. STINGER
  02. BIENVENIDOS AL MUNDO
  03. THREE THE HARD WAY
  04. DANCE ON THE BEACH
  05. PANDORA
  06. THE OUTBACK

    THE TRIO
    MAKOTO OZONE : Piano, Fender Rhodes
    JAMES GENUS : Acoustic Bass, Electric Bass
    CLARENCE PENN : Drums, Percussion

(ヴァーヴ/VERVE 2007年発売/UCBJ-9001)
★【初回生産限定盤】 DVD+CD 2枚組

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)