《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は219〜223位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ア・デイ・イン・ザ・ライフ★223.A DAY IN THE LIFE
A DAY IN THE LIFE
ウェス・モンゴメリー

--------------------------------------------------------------------------------------

Milestones★223.BILLY BOY
MILESTONES
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

Live at the Village Vanguard★222.CHASIN' THE TRANE
LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

バド・パウエルの芸術★221.I'LL REMEMBER APRIL
THE BUD POWELL TRIO
バド・パウエル

--------------------------------------------------------------------------------------

Miles in Berlin★220.AUTUMN LEAVES
MILES IN BERLIN
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

ザ・ビギニング・アンド・ジ・エンド★219.A NIGHT IN TUNISIA
THE BEGINNING AND THE END
クリフォード・ブラウン

--------------------------------------------------------------------------------------

 マイルス・デイビス第二期クインテットの“お披露目”となった『マイルス・イン・ベルリン』の【枯葉】がランクイン。マイルス・デイビスの【枯葉】と来ればキャノンボール・アダレイ名義の【枯葉】なのだが,天才=ウェイン・ショーターを迎えた【枯葉】も捨て難い。

 ウェイン・ショーターの【枯葉】が後発ゆえキャノンボール・アダレイの【枯葉】と比べ,テンポが速められ,リズムが複雑化している。その上を自由に駆け巡るマイルス・デイビストランペットウェイン・ショーターテナー・サックスが素晴らしい。これが本当に出来たて“ほやほや”のクインテットとは思えない緻密なインタープレイである。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)