DRAMATIC-1 カシオペア4代目の新ドラマー熊谷徳明の演奏は,熊谷徳明のデビューCDDRAMATIC』(以下『ドラマティック』)発売前にチェックした。聴き届けた。93年1月の「RENEWAL GIG」と題するツアーであった。

 ブランニュー・カシオペアの一員として,カシオペアの解散危機を救った功労者であり,ドラマーとしても相棒=ナルチョとは“抜群の相性の良さ”を見せていた,前ドラマー日山正明を卑下するつもりは毛頭ない。
 しかし熊谷徳明の“ハイ・テクニックな”ドラミングを聴いて「これだ!」と思ってしまったのも事実。基本=ジャズ・ドラマー日山正明に対し,基本=和製デイヴ・ウェックルで,たまに神保彰が入るのが,バークリー帰りのドラム・エリート=熊谷徳明の特徴であろう。

 神保彰をアイドル視し,カシオペアのコピーに明け暮れた青春を公言する熊谷徳明ドラミングに「神保さんが帰ってきた」と思った瞬間の幸福感!
 日山正明の弱点とされた(あくまで,超絶技巧集団=カシオペアドラマーとして捉えた場合の話です。日山さんは,管理人の大好きなドラマーのお一人です)パーカッシブな手数と地味なドラム・ソロを補強し“ハミダさんばかり”の派手さに,カシオペアの“新たな未来”を感じたものだ。

DRAMATIC-2 そんなカシオペアの第●章の幕開けを告げる『ドラマティック』は,こちらもカムバック組の「アルファ・レコード」への再移籍第一弾!
 この古巣とのタッグが影響したのか『ドラマティック』は不発であった。

 気持ち,テクニカルな熊谷徳明を獲得し,ジンサク時代の“黄金期の再現”を目指している感ありあり。
 しかし,もう元には戻れない! 戻れやしない! ( ここから先はオフレコです。管理人は日山正明から熊谷徳明へのドラマーの交代は,野呂一生の“陰謀”だと思っている。表向き,日山正明の脱退は「体調不良」とされているが,実際は佐々木隆の時と同じでは? 非情な勝利至上主義はバンド運営者には向いていません。もうこれ以上は書けません。 )

 『ドラマティック』の真の主役は,新メンバー=熊谷徳明ではなく鳴瀬喜博である。鳴瀬喜博の中にある“カシオペアらしく”のタガが外れたのが『ドラマティック』だったと思う。

 野呂一生の狙い通り『ドラマティック』は「テクニック(演奏)よし,曲(メロディ)よし,アレンジ(アンサンブル)よし」の黄金期のカシオペアを彷彿とさせるレベルに達している。
 しかし,何かが違う。やっぱりベースが違うんだよなぁ。ナルチョベースが爆音で歪んでいる。これが精悍で美しくクリアな“カシオペアらしさ”と一致しない原因だろうなぁ。そしてたまに“ハマル”からやっかいなことこのうえなし。
 要は曲とかアルバムとかの全ての出来・不出来が「カシオペア・サウンドに合うかどうか」ではなく「ナルチョの“爆音歪みベース”に合うかどうか」で決まってしまうのだ。ああ,何とも悲しや「ナルチョの呪縛」!

 ただし『ドラマティック』のナルチョベースはまだ伸び伸び〜。恐怖の“ナルチョの呪縛”の大噴火は『ASIAN DREAMER』でやってくる〜。

DRAMATIC-3 ナルチョの“突出”を中和させていた「縁の下の力持ち」タイプ=日山正明のリストラが大失敗。
 勿論“派手系”熊谷徳明ドラミングは素晴らしい。このシナリオの中で熊谷徳明は何ら悪くない,ナルチョが悪い訳でもない。全ては“ミスター・カシオペア野呂一生の判断に責任がある。
 ついでながらカシオペア「活動休止」の判断もかなり疑問であるのだが…。

PS でもでも野呂さんのパフォーマンスと音楽性は今でも変わらず大好きですよっ。フォローフォロー。

  01. GLORY
  02. FLY TO THE SUN
  03. THE TORNADO
  04. SHADOW OF MIDNIGHT
  05. LIFE GOES ON
  06. VOICE FROM OTHERS
  07. CUBIC MUSIC
  08. ANCIENT ROMAN
  09. SHOCKING FUNCTION
  10.
  11. ORIENTAL SPIRITS
  12. KEY OF MIRACLE

(アルファ/ALFA 1993年発売/ALCA-487)
(☆スリップ・ケース仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)