『FEELIN’ THE SPIRIT』の5曲目は【SOMETIMES I FEEL LIKE A MOTHERLESS CHILD】(以下【時には母のない子のように】。


 【時には母のない子のように】は,タイトル通りの「うら淋しい」夜のブルースである。

 グラント・グリーンの,スナップの効いた強烈なギター・リフが耳に痛い! これがまたネチッコイうえにリズミカルときている! 【時には母のない子のように】のような“ザ・ブルース”は,お腹一杯の時に聴いてはいけない。
 3分15秒からのハービー・ハンコックピアノ・ソロがいい。重厚であるがグラント・グリーンのような満腹感は覚えない。黒い。ただそれだけ。これはライカの黒である。

 【時には母のない子のように】には,グラント・グリーンハービー・ハンコックの他にもう一人主役がいる。それが2人のソロのバックで“時間正しく暴れ出す”ビリー・ヒギンズドラミングが楽しい。
 トラックに耳が慣れてきたなら,読者の皆さんにもビリー・ヒギンズドラムだけを追いかけてみて欲しい。「なるほど。オーネットコールマン」と合点がいくと思う。素晴らしいドラマーである。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

GRANT GREEN : Guitar
HERBIE HANCOCK : Piano
BUTCH WARREN : Bass
BILLY HIGGINS : Drums
GARVIN MASSEAUX : Tambourine