『HERE’S LEE MORGAN』の6曲目は【BESS】(以下【ベス】)。


 【ベス】は,リー・モーガンの異色作である。とにかく楽しいハード・バップ! いつものリー・モーとは思えない,軽快&快調な演奏が素晴らしい。

 リー・モーガンミュート・トランペットクリフォード・ジョーダンテナー・サックスが,ユニゾンありカウンターありの“コール・アンド・レスポンス”! ノリノリのゴキゲンである。

 しかし【ベス】の真の聴き所は,ウィントン・ケリーピアノにある。4分4秒からのピアノ・ソロも跳ねているが,フロントをバックに“飛び跳ねている”バッキング・ピアノが全体を演出している。
 例えば,34秒での合いの手があるから,フロントがリラックスできるし,ポール・チェンバースベースアート・ブレイキードラムが裏で繊細なビートを準備できる。要はタメである。
 そう。【ベス】は,前線でリズムをキープするウィントン・ケリーのポスト・プレーが“コール・アンド・レスポンス”の快演を呼び込んでいく!

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

LEE MORGAN : Trumpet
CLIFFORD JORDAN : Tenor Sax
WYNTON KELLY : Piano
PAUL CHAMBERS : Bass
ART BLAKEY : Drums