『CHET BAKER & CREW』の8曲目は【MEDIUM ROCK】(以下【ミディアム・ロック】)。


 【ミディアム・ロック】の別名は【ミディアムソロ回し】である。ミディアム・テンポでの全員のソロ回しは,アドリブというよりもアレンジである。
 そう。メンバー全員が“流れ”を意識して「ジャズ・ロック」をクリエイトしている。

 ソロの解説に触れる前に,これだけは言っておこう。【ミディアム・ロック】のテーマは絶品である。ズバリ「おとぎの国のファンタジー」なのだが,ルンルンのない大人の遊園地の世界観である。この「夢と現実のイリュージョン」があるからこそ,各人のアドリブが生きる生きる! 以下,一言批評

 57秒からのフィル・アーソテナーソロは流暢なのに雄弁である。
 1分52秒からのチェット・ベイカートランペットソロは貫禄を感じさせる。個性豊かだな〜。
 2分47秒からのボビー・ティモンズピアノソロは軽やか。ボビー・ティモンズが黒くないでらしくない。こんなボビー・ティモンズが貴重である。
 3分41秒からのジミー・ボンドベースソロは重低音。意識する以上の重低音。
 4分8秒で突如フィル・インしてくるピーター・リットマンドラムソロだけが異質である。一人「ジャズ・ロック」ではなく「ロックン・ロール」にかぶれている。

CHET BAKER : Trumpet
PHIL URSO : Tenor Sax
BOBBY TIMMONS : Piano
JIMMY BOND : Bass
PETER LITTMAN : Drums