『THE 2ND CRUSADE』の4曲目は【WHERE THERE’S A WILL THERE’S A WAY】(以下【精神一到何事か成らざらん】)。


 【精神一到何事か成らざらん】で感じる独特のノリ! これぞ唯一無二のジャズ・ファンククルセイダーズそのものである。

 1分0秒からのテーマがどこか懐かしい。しかし,どこをどう聴いても,逆立ちしても,思い浮かぶのはクルセイダーズただ一つ。このノリを連想する他のグループがいないのである。この事実に管理人自身が一番驚いている。
 理由はやっぱりウェイン・ヘンダーソン! ゆったり&堂々,大きなスケール感あるトロンボーンウェイン・ヘンダーソン・タイムで流れていく! そしてトロンボーンに絡みつく“味付けされた”リズムとメロディ! キターッ,ギターキーボードってこんなにグルーヴする楽器だったんだ〜。

 【精神一到何事か成らざらん】の真実は【クルセイダーズ・何事か成らざらん】である。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

THE CRUSADERS
NESBERT "STIX" HOOPER : Percussion and effects
JOE SAMPLE : Keyboards
WILTON FELDER : Saxes, electric bass, bass marimba
WAYNE HENDERSON : Trombone

AND Friends
Guitars :
ARTHUR ADAMS
LARRY CARLTON
DAVID T. WALKER