『FACE TO FACE』の2曲目は【THERMO】(以下【サーモ】)。


 【サーモ】は聴き所満載であるが,ズバリ,フレディ・ハバードが最後に全部“おいしいところをもっていくさま”を聴いてほしい。

 【サーモ】の最初の聴き所は,クロマチィックなライン・メロディを簡単に弾き倒した3人の名人が,名人の名にふさわしいアドリブを聴かせるソロ回し!
 1番手はフレディ・ハバードトランペット・ソロ。いつも通りのテクニカル・トランペットが鳴り続ける中,心惹かれるのは,純粋に音楽の本質=創造的なフレージングの妙である。フレディ・ハバードが作るメロディ・ラインは一流作曲家のそれである。
 2番手はジョー・パスギター・ソロ。絶対的な名演に違いないが,フレディ・ハバードオスカー・ピーターソンの“超絶”にサンドされたジョー・パスが哀れ? ソロの巡り合わせが最悪な“不遇のアドリブ”である。
 3番手はオスカー・ピーターソンピアノ・ソロ。まるでアート・テイタムばりのアドリブがお見事! 「あんたが大将」である。

 上記を書き記した上での管理人の結論! 聴き所は5分56秒から6分37秒におけるトランペット・ソロと,それ以降のオスカー・ピーターソンとのソロ交換における,フレディ・ハバードの超絶フレーズにある! フレディ・ハバードのこのアドリブだけで大満足である。そして最後の最後に伸び上がる〜!

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

FREDDIE HUBBARD : Trumpet
OSCAR PETERSON : Piano
JOE PASS : Guitar
NIELS-HENNING ORSTED PEDERSEN : Bass
MARTIN DREW : Drums