『HERE’S LEE MORGAN』の5曲目は【OFF SPRING】(以下【オフ・スプリング】)。


 【オフ・スプリング】は,オーソドックスなバップ・チューン。ゆえにアドリブよりもアンサンブル重視のサイドメンの小技が楽しめる。

 リー・モーガンクリフォード・ジョーダンのユニゾンが聴き所に違いないが,管理人には【オフ・スプリング】と来れば,とにもかくにも,アート・ブレイキーの「スティック捌き」である。
 3分中盤からのリー・モーガントランペット・ソロのバックでアート・ブレイキーがプッシュし続けるが,そのプッシュがタムでもスネアでもなくシンバル! このシンバルの強弱さえあればバスドラムは“お飾り”と成り得る。

 それにしても56秒でのピアノは何なのか? 理解不能の“ミスター・ユニーク”ウィントン・ケリーも絶好調である。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

LEE MORGAN : Trumpet
CLIFFORD JORDAN : Tenor Sax
WYNTON KELLY : Piano
PAUL CHAMBERS : Bass
ART BLAKEY : Drums