『NOW’S THE TIME』の7曲目は【CHI CHI】(以下【チ・チ】)。


 【チ・チ】は,チャーリー・パーカーマックス・ローチの家の食卓の上で即興で書いたトラックである。この“端正な”ブルースを聴く限り,瞬間芸としてのアドリブも,きっちりとした作曲も両方いける,チャーリー・パーカーの“天才ぶり”に改めて舌を巻く。

 演奏も全く持って素晴らしい。テーマの提示に続いて,チャーリー・パーカーアルトサックスマックス・ローチドラムアル・ヘイグピアノパーシー・ヒースベースと,全員のソロ回しまでは完璧だった。
 …が,エンディングのラストもラスト,2分55秒で微妙にチャーリー・パーカーアルトが上ずった瞬間,別テイク地獄への道が開かれた。

CHARLIE PARKER : Alto Saxophone
AL HAIG : Piano
PERCY HEATH : Bass
MAX ROACH : Drums