『TALES OF ANOTHER』の6曲目は【TRILOGY 掘曄憤焚次撻肇螢蹈検辞掘曄法


 【トリロジー】を朝一の“寝ボケ眼”で聴く。一時期,それが管理人の出勤前の習慣であった。あの脳を叩き起こす“ガツン”とかますインパクト! あのメガトン級の衝撃度は分かる人には分かるはず! 大体,毎朝聴いていると飽きがくるはずなのに,衝撃波が日増しに増大するとは何事か?
 大袈裟ではなく【トリロジー】を,モダン・ジャズ史上屈指の名演に上げる友人をなんと2人も知っている。いいですか,モダン・ジャズ史上でですよ? 管理人が語らずとも,もうこの事実だけで【トリロジー】の凄さが伝わるというものです。
 …が,やっぱりやりますよ(2人の友人にはないしょで)。以下は管理人の独善的【トリロジー批評で〜す。

 ゲイリー・ピーコックベース・ソロとシンクロする,41秒からのキース・ジャレットのピアノが,実にポップでキャッチー! これぞキース・ジャレットの“地”であろう。
 54秒からの3人が前進する強烈なスイング感が【トリロジー】の聴き所である。キース・ジャレットを突進へと導くゲイリー・ピーコックと,キース・ジャレットの暴走を防ぐジャック・デジョネットの変幻自在のビートは世界一である。
 キース・ジャレットのあえぎ声が聞こえ出すと,そこにはフリー・ジャズスピリッツが宿っている。フリー・ジャズの演奏も偽らざるキース・ジャレットの“地”の一つに違いない。

 【トリロジー】のハイライトが,3分41秒からの狂気のピアノ! 執拗なピアノ連打の異常すぎるハイ・テンション! これは凄すぎる。恐すぎるくらいの“圧巻”の大熱演! 意識をしっかり保っていないと「もう毎日がどうなっても構わなくなる」危険をはらんだ演奏である。
 しかし【トリロジー】の本当のクライマックはまだ先である。5分36秒からの,波が一気に引いていくかのように“滑り込む”ジャック・デジョネットドラミングが肝! 場面を一気に打ち破る爽快感! あのポップでキャッチーなテーマが戻ってきた時の快感と言えば…。
 【トリロジー】の全ては,このラスト・テーマを演奏するためだけに存在する“産みの苦しみ”である。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

GARY PEACOCK : Bass
KEITHJARRETT : Piano
JACK DeJOHNETTE : Drums