《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は301~306位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

COLTRANOLOGY★306.MY FAVORITE THINGS
COLTRANOLOGY
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

Tijuana Moods★305.TIJUANA GIFT SHOP
TIJUANA MOODS
チャールズ・ミンガス

--------------------------------------------------------------------------------------

Full House★303.BLUE N' BOOGIE
FULL HOUSE
ウェス・モンゴメリー

--------------------------------------------------------------------------------------

Standards, Vol. 2★303.SO TENDER
STANDARDS VOL.2
キース・ジャレット

--------------------------------------------------------------------------------------

プリーズ・リクエスト★301.YOU LOOK GOOD TO ME
WE GET REQUESTS
オスカー・ピーターソン

--------------------------------------------------------------------------------------

ブルースエット★301.BLUES-ETTE
BLUES-ETTE
カーティス・フラー

--------------------------------------------------------------------------------------

 キース・ジャレットは『スタンダーズ』の諸作の中に“そっと”自分のオリジナルを偲ばせるのが好きだ。【ソー・テンダー】も『スタンダーズ VOL.2』の中にあって,他のスタンダーズと同格,いや,それ以上の名演で光り輝いている。

ソー・テンダー】は,キース・ジャレットお得意のリズミックでエキサイティングな盛り上がりと,ロマンティックで叙情的なフレーズが交錯している。そこへ芸達者なゲイリー・ピーコックベースジャック・デジョネットドラムが溶け合い,キース・ジャレット・トリオならではのスタンダーズ・ソングが【ソー・テンダー】である。

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)