FRIENDS-1 『FRIENDS』の聴き所は“綾戸バンド”と化した,綾戸智絵フレンズたちとのコラボレーション!
 バラエティに富んだ楽曲にして,このまとまり感! 全ては綾戸智絵の“求心力”にある!

 …と『FRIENDS』には,ジャズ・ボーカルの“イロハ”を語りたくなる魅力で溢れているが,それ以上に管理人を饒舌にさせてくれるのが糸井重里のライナーノーツ

FRIENDS-2 『綾戸智絵は,消えて顕れる』と題するコピーは“全文が”最高である。そう。『FRIENDS』は,共演者の手の内,心の内を読み合うだけでなく,ライナーノーツさえも読み応えのある名盤である。

  01. Take Me Home, Country Road
  02. Spinning Wheel
  03. Here, There and Everywhere
  04. Superstar
  05. The Man I Love
  06. Every Breath You Take
  07. Ain't No Mountain High Enough
  08. Sentimental Journey
  09. Caravan
  10. La Mer
  11. Big City 
  12. 'Round Midnight
  13. Autumn Leaves
  14. El Condor Pasa(If I Could)

(イーストワークス・エンタティンメント/EWE 1999年発売/EWCD-0014)
(デジパック仕様)
(ライナーノーツ/糸井重里,綾戸智絵)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)