日本レコード大賞 / 上原ひろみ 普段あえて書かない私事ですが,久しぶりに年越しを実家で過ごそうとしております。
 親元にいると家事や料理の面ではらくちんなのですが,ジャズ・マニアとしては日課であるジャズ鑑賞が楽しめないのでストレスが溜まってしまいます。読書にも飽きるとTV鑑賞となるわけですが,何せチャンネル権は両親が有しているわけで…。

 それで好むと好まざるとに関わりなく,食卓を囲む時間は家族全員でTVを見るわけですが,今夜はこれで一つ得をしました。自分一人では“絶対に”見ることのない(十数年ぶり?)『第50回 輝く! 日本レコード大賞』を偶然目にしたわけですが,これが何と普段見たくても見れない衝撃映像でした。

 そう。オープニングで“我らが”上原ひろみ嬢の大熱演! ひろみさんったら『ビヨンド・スタンダード』で「優秀アルバム賞」を受賞していたようです。それで歴代の大賞受賞曲のメドレーをソロイストとしてピアノで弾き倒しておりましたが,凄かったぁ! もう身体全身を使って表現しようとするものだから,まるでエリントンピアノ・オーケストラ風! あの速さでダイナミックな演奏にトレードマークの笑顔&笑顔! いいものを見せていただいた両親に(今回も)感謝しないといけませんねっ。

 オープニングのMCでは上戸彩&“愛しの”松下奈緒嬢のすぐ後ろ。そうそうたる受賞者の面々を押しのけ,上原ひろみが堂々とど真ん中に立っていました。一言インタビューを受けた後,CMを挟んで上原ひろみソロ・ピアノの開演です。
 演奏曲はワン・テイクでスタッフがOKしたのに,彼女自身が首を横に振って20もテイクを重ねた“あの”【アイ・ガット・リズム】! 途中で沸き起こった会場の手拍子が追いつけないほどの正確な早弾きが圧巻! それを幼稚園児のごとく“ニッコリ笑顔”で演ってしまうものだから,口があんぐりでした。そう言えば子供の頃,よく学校の先生に(勿論両親にも)「口を閉じるように」って怒られていたよなぁ。

 上原ひろみさん,何はともあれレコ大の「優秀アルバム賞」受賞,おめでとうございます! 先日発表されたスイングジャーナル誌主催「第42回ジャズ・ディスク大賞」の金賞制作企画賞最優秀ジャズ・ビデオ賞受賞の“驚異の3冠達成”が余り話題にならなかった分,今回は反響が大きいのでは? もっともっと『ビヨンド・スタンダード』が売れますように!