フィーリン・ザ・スピリット グラント・グリーンと出会えたことを幸運に思っている。グラント・グリーンは,ジャズを聴いていなかったら決して出会うことのなかった「B級」ジャズ・ギタリストである。そう。グラント・グリーンを聴く楽しみは,ジャズ好きのみに“許された”特権なのである。

 グラント・グリーンは,決してテクニシャン・タイプではない。むしろ不器用そのものである。悪く言えば「ワン・パターン」に違いない。しかしグラント・グリーンの“誰にでも簡単に弾けそうなフレーズを何度も繰り返し積み上げていく”ギター・スタイルは,実はそう易々と“できそうでできない”代物なのである。紙一重のレベルで“一芸を極めた”グラント・グリーンジャズ・ギターには,ジャズの“酸いも甘いも”を味わってきたものだけが辿り着ける「電化マイルス」以上の価値さえあると思っている。

 全てのジャズ上級者たちよ。『FEELIN’ THE SPIRIT』(以下『フィーリン・ザ・スピリット』)を聴け! グラント・グリーン奏でる,ニグロ・スピリチュアルな『フィーリン・ザ・スピリット』の音世界へ足を踏み入れよ! …って,強気の中山康樹風です。
 ねっ,ズボズボでしょ? グラント・グリーンの禁断の音世界へ一歩足を踏み入れたなら二度と抜け出せなくなるのです。そう。グイグイ足を取られていく,確実に底なし沼へと引きずり込まれる感触が味わえるのです。
 図太い音色で同じフレーズを執拗に繰り返し続ける“一人コール&レスポンス”で,いつしか絶頂へと登り詰めた時の快感! 管理人は,グラント・グリーンの“一人コール&レスポンス”で幻聴体験を迎えるのが常である。(危な〜い)
 幻聴体験とは,すなわち,グラント・グリーンの“声”がCDから聞こえてくる。グラント・グリーンに“語りかけられている”気がしてしょうがないのである。黒人霊歌を甘美なシングルトーンで,時に情熱的に時に哀愁を湛え真摯に語りかけてくる。そして年に一度はグラント・グリーンの“声”が霊界との会話に聞こえてくるから一大事である。(おお危ない危ない)
 そう。グラント・グリーンジャズ・ギターは,ウエス・モンゴメリーとは違う意味での“神業”なのである。

 きっとグラント・グリーンへの評価が「B級」なのは,真似しようとも真似できない,手が届きそうで届かない,掴めそうで掴めない“はがゆさ”ゆえ? 永遠に現実と幻想が交錯する“幻聴のジャズ・ギター”だからに違いない。

(1962年録音/TOCJ-9038)

ランキングを見てみよう!