LITTLE MISS JAZZ & JIVE-1 ジャズ・ボーカルも聞くには聞くが“専門外”の管理人。追いかけているのは数十人,ハマッタ人数は一桁である。
 そのハマッタボーカリストにしても,第一印象で「伸るか反るか」! ジャズ・ボーカルボーカリストの個性によって好き嫌いが如実に出る。
 そんな中,管理人には珍しく,第一印象の相性の悪さを裏返し,徐々にハマッていったジャズ・ボーカリストがいる。akikoである。

 akikoボーカル・スタイルの特徴を一言で表わすなら“耳馴染みのよさ”であろう。
 akikoには,それまでの暗くて重い演歌歌手のような?(失言を謝ります)ジャズ・ボーカリストたちの“アク&クセ”がない。自分一人の個性だけで歌い上げるのではなく,バックと共にアレンジされた“トータル・サウンド”を追求するタイプのボーカリストである。
 こう書くと“没個性”に思えるかもしれないが,決してそうではない。“耳馴染みのよさ”に隠れてしまう程,akikoボーカルはやわではない。ノリとピッチが正確でグルーヴィー! キーワードは“ジャンプ&ジャイヴ”! バックがスイングしようとブルースしようと,果ては打ち込みであろうと一切問題なしのボーカリストも珍しい。
 akikoは全てのバック・サウンドをインプットし,自分の中のフィルターで消化してからアウトプットする。そのakiko特有のフィルターこそ,モダン以前のジャズから現代のスムーズ・ジャズまでの歴史である。古臭さと新しさが同居している。ビ・バップからヒップ・ポップまで一瞬でワープできる縦横無尽の守備範囲。全てを消化しミックスさせることができる才能が瞬時に“王道のジャズ・ボーカル”へと作り替えてしまう。それがakikoボーカル・スタイルである。

 しかし,管理人がこう思うようになったのはデビューから数年後の出来事。akikoもまた,J-ジャズ新世代の旗頭の一人である。akikoデビュー当時のちまたでの賛辞は尋常ではなかった。名門レーベル・VERVEヴァーヴ)初の日本人女性ボーカリストスイングジャーナル誌選定【ゴールドディスク】&【ニュー・スター賞】受賞。こうして手にした“ジャズ・ビューティー”の称号正しく,世界の化粧品ブランド「エスティローダー・ティファイニング・アワード」獲得の離れ業! 音楽良し&ルックス良しとくれば,迷わず喰いつくはずの管理人なのであるが…。どうもダメだ。ガーンと壁がそびえたっていた。

 そんな傷心の管理人がakikoの“洗礼”を浴びる日がやって来た。akikoの8枚目『LITTLE MISS JAZZ & JIVE』)(以下『リトル・ミス・ジャズ・アンド・ジャイヴ』)である。
 『リトル・ミス・ジャズ・アンド・ジャイヴ』は,元ピチカート・ファイヴ小西康陽プロデュースによる“ジャンプ&ジャイヴCD! 直感的に「あっ,これだ」と感じた。以前に感じた違和感が消えてゆく。“ジャンプ&ジャイヴ”の文脈で歌うakikoの圧倒的な存在感! それまではバックのアコースティック・ジャズに“埋もれて”いたはずのakikoが前面に出て光り輝いている!

LITTLE MISS JAZZ & JIVE-2 このスタイルを新世代と呼ぶのは違う。実際はその逆で,akikoジャズの超正統派であり昔から活躍しているジャズ・ボーカリストのように思える。でも,それも違う。例えるならakikoボーカルは“服飾における補正作業”のようなもの。新しいものを古臭く,逆に古臭いものを新しいものとして聴かせるセンス満点のジャズ
 そう。「音楽はファッション」と言い切るakikoこそ,J-ジャズ新世代の“ジャズ・ビューティー”! この見せ方,聞かせ方,音を着こなすセンスの良さにKOされてしまったのだ。そう。『リトル・ミス・ジャズ・アンド・ジャイヴ』は“トータル・コーディネーター”akikoによる“補正作業”の最高傑作! ジャンプ&ジャイヴ以降のジャズ・スタンダードが見事にリ・アレンジされている。

 あの日以降,akikoの旧作を買い漁ってきたが,もう違和感など感じない。もう単なる“美人小娘”だとも思わない。akikoの歌声は『リトル・ミス・ジャズ・アンド・ジャイヴ』と,本質的には何ら変わっていなかった。変わったのは管理人の感じ方だけである。そしてジャズの本質も何ら変わっていない。そう。ジャンプ&ジャイヴの時代からすでに,akikoの目指す“トータル・サウンド”の芽は存在していたはずなのだ。そして今,akikoの歌声を通して待望のその芽が花開いたにすぎない。

 管理人はakikoCDは全て好きだ。よくもまあ,CD毎に“トータル・サウンド”を激しく変化させてくれるものだ。新作毎に“新しいakiko”を聴かせてくれる。最新作『ホワッツ・ジャズ?』の2枚もいい。「『古き良きスタイル』と『進化し続けるスピリット』。どちらも,akikoの考えるジャズ」とは大正解! 『スタイル』と『スピリット』の対照的な音造りにも係わらず,akikoはそのどちらととも耳馴染む“王道のジャズ・ボーカル”を聴かせてくれている。

 『スタイル』と『スピリット』の本質は一つ。『スタイル』と『スピリット』が“バラバラの単品”に聴こえた読者には,一度『リトル・ミス・ジャズ・アンド・ジャイヴ』を聴き直してみてほしい。『スタイル』でも『スピリット』でも“ジャンプ&ジャイヴ”に基づく“ジャズ・ボーカリストakikoの“補正作業”の跡をなぞることができよう。
 akikoは今日も“一番古くて一番新しい”ジャズを歌っている。実に見事な仕上がり具合である。

  01. IT DON'T MEAN A THING (IF IT AIN'T GOT THAT
     SWING)

  02. AROUND THE WORLD
  03. FLAT FOOT FLOOGIE
  04. IS YOU IS OR IS YOU AIN'T MY BABY
  05. I WANT YOU TO BE MY BABY
  06. MR. SANDMAN
  07. I'M BEGINNING TO SEE THE LIGHT
  08. THE MUSIC GOES 'ROUND AND 'ROUND

(ヴァーヴ/VERVE 2005年発売/UCCJ-2041)

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)