『TOKYO』の14曲目は【KAGOME KAGOME(LONG VERSION)】。


 【KAGOME KAGOME(LONG VERSION)】でのアキコ・グレースは“一介のジャズ・ピアニスト”に徹している。この演出が実に効いている。
 ジャズスタンダードがあるように,日本には童謡がある。そう。いつの時代にも歌い継がれてきた【KAGOME KAGOME】のテーマには“心を揺さぶる力”が宿っている。

 アキコ・グレースは【KAGOME KAGOME】のテーマは決して崩さない。優しく美しい透明感あるピアノ・タッチで原曲通りに歌い上げていく。ただそれだけなのに【KAGOME KAGOME(LONG VERSION)】がジャズしているのはなぜだろう。この辺りが実に小憎らしい。
 このアレンジはアキコ・グレースだから取り得た“計算ずくの凡庸表現”なのだろう。

 一方,アキコ・グレースの“引き算”によって前面に押し出された格好の,藤原清登ベース岩瀬立飛ドラムが,期待通りの名演で応えてみせる。さりげなく細かなリズム・パターンが幾つも用いられていて随所に聴き所満点である。
 【KAGOME KAGOME(LONG VERSION)】は,意外に手強いですよっ。

AKIKO GRACE : Piano
KIYOTO FUJIWARA : Bass
TAPPY IWASE : Drums