『TONIC』の6曲目は【BUSTER RIDES AGAIN】(以下【バスター・ライズ・アゲイン】)。


 【バスター・ライズ・アゲイン】は,バド・パウエルの愛奏曲。そしてジョン・メデスキが最初に買ったブルーノートCDは,バド・パウエルの『ジ・アメイジング』シリーズのどれか…。
 こう来ればジョン・メデスキバド・パウエルばりの“アドリブ炸裂”かと思いきや,何とラテン・アレンジ! あの,変態集団=メデスキ,マーチン&ウッドが“明るく爽やかに”ドライブしている。普通にノリノリである。

 【バスター・ライズ・アゲイン】の聴き所は一点勝負で,ビリー・マーチンメデスキ&ウッドによるバース交換! MMWによる,こんな平易なバースが聴きたかった! 熱狂するラテン・ドラミング・ソロに,リズム楽器と化したピアノとメロディー楽器と化したベースが“対話する”フリー・インプロヴィゼーションの連続であるが,安定したバース交換がもたらす“手放しの安心感”が肝!
 そう。【バスター・ライズ・アゲイン】はジェットコースターの安全バー。読者の皆さんも【バスター・ライズ・アゲイン】をお守りに,いざ,メデスキ,マーチン&ウッドの「アップダウン」峠をドライブしてほしい。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

MEDESKI,MARTIN&WOOD
JOHN MEDESKI : Piano
BILLY MARTIN : Drums, Percussion, Mbira
CHRIS WOOD : Bass