『SARA SMILE』の3曲目は【BLUE PRELUDE】。


 【BLUE PRELUDE】は,真夜中への行進曲! 市原ひかりドミニク・ファリナッチが【BLUE】へと誘う【PRELUDE】! 元来はビング・グロスビーの歌ものであるが,管理人にとって【BLUE PRELUDE】とは【ラウンド・ミッドナイト】! そう。モンクマイルスの“アレ”である。

 イントロのベースとオープン・トランペットデュエットの感じがモンク臭いが,ドミニク・ファリナッチのミュートが滑り込んできた瞬間からマイルスの世界へと変化する。
 同様に,1分50秒からの市原ひかりアドリブモンク版【ラウンド・ミッドナイト】を想起させるが,3分42秒からのドミニク・ファリナッチのミュート音が甲高いアドリブマイルス版【ラウンド・ミッドナイト】を思い起こさせてくれる。

 そんな“仮想”モンクマイルス市原ひかりドミニク・ファリナッチが一瞬交錯する,何とも贅沢な音&音!
 くう〜。今夜も今から【BLUE PRELUDE】! でも朝帰りは身体に堪える〇〇歳である。

HIKARI ICHIHARA : Trumpet, Flugelhorn
ADAM BIRNBAUM : Piano
PETER WASHINGTON : Bass
LEWIS NASH : Drums
DOMINICK FARINACCI : Trumpet