『RAY BRYANT PLAYS』の3曲目は【MISTY】(以下【ミスティ】。


 ジャズ・スタンダード=【ミスティ】の名演は数あれど『レイ・ブライアント・プレイズ』のこの【ミスティ】は,みんな“絶対絶対”好きなはず! この圧倒的名演を前にして,嫌いな理由は分からない&見当たらない。ジャズ好きだからこそ選ぶ「名演中の名演」である。

 レイ・ブライアントのロマンティックでコロコロとした,イントロの数秒間で一気に郷愁に誘われる! 後はもう“どっぷり”世界へ浸るのみ。
 この郷愁。これは日本人の演奏なのか? 山本剛の【ミスティ】が一瞬脳裏をかすめるが,やっぱり,このピアノの響きはレイ・ブライアント特有の“味”である。
 【ミスティ】のメロディ・ラインを丁寧に押さえた“涙の寸止め”! 涙が落ちそうになるその瞬間に“JAZZYな”フレーズがクロスしてくる。う〜ん。どうにも引っ張り上手な“巧みの業”である。素晴らしい。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

RAY BRYANT : Piano
TOMMY BRYANT : Bass
OLIVER JACKSON : Drums