『THE SUMMER KNOWS』の4曲目は【WHEN I FALL IN LOVE】(以下【ウェン・アイ・フォール・イン・ラブ】)。


 “ムーディ”なアート・ファーマーフリューゲル・ホーンソロで始まる名バラード=【ウェン・アイ・フォール・イン・ラブ】であるが,徐々に「熱いセッション」へと変貌を遂げ,ラストは圧巻の大迫力がパワー・オブ・ラブ! こんな【ウェン・アイ・フォール・イン・ラブ】も珍しい。

 やはりアート・ファーマーフリューゲル・ホーンの名手である。【ウェン・アイ・フォール・イン・ラブ】の美メロをフリューゲル・ホーンでなぞれば,そこは「おとぎの国」。アート・ファーマーは“フリューゲル・ホーンの王子様”である。

 しかし,シダー・ウォルトンの“夢見るピアノソロ”の後,再登場した“フリューゲル・ホーンの王子様”はマントを脱ぎ捨て“ジャズメン魂”を露わにする。本性むき出しのアセンディング・スケールが熱い! 息切れしそうなところから更にグイグイ上昇していく!
 そこへ間髪入れず,サム・ジョーンズビリー・ヒギンズがプッシュを入れるものだから…。あぁ…。

ART FARMER : Fluegel Horn
CEDAR WALTON : Piano
SAM JONES : Bass
BILLY HIGGINS : Drums