『LIVE IN TOKYO』の6曲目は【TWO BAD】(以下【トゥ・バッド】。


 イントロからツイン・ギターで【フットプリンツ】のテーマが飛び出す【トゥ・バッド】は,ラリー・カールトンロベン・フォードには珍しいジャズ・ナンバー! これはロベン・フォードの引っ張り勝ち! ラリー・カールトンが“ジャズ圏内”でプレイしてみせる。

 25秒から45秒と7分7秒から7分27秒まではロン・カーターのコピーであるが,5分55秒から6分6秒におけるロベン・フォードは“もろ”ウェイン・ショーター! そして魂の奥底には常にマイルス・デイビス

 ただし1分36秒からのジェフ・パブコキーボードハービー・ハンコックの“あれ”である。ここが【トゥ・バッド】の由来なのであろう。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

LARRY CARLTON : Guitar
ROBBEN FORD : Guitar
JEFF BABKO : Keyboards
TOSS PANOS : Drums
TRAVIS CARLTON : Bass