《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は337位〜339位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

Miles Davis, Vol.1★339.DEAR OLD STOCKHOLM
MILES DAVIS VOL.1
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

★339.CRYSTAL SILENCE
CRYSTAL SILENCE
ゲイリー・バートン

--------------------------------------------------------------------------------------

★338.SPAIN
LIGHT AS A FEATHER
チック・コリア

--------------------------------------------------------------------------------------

★337.GOIN' HOME
GOIN' HOME
アート・ペッパー

--------------------------------------------------------------------------------------

 フュージョンを代表する名曲=チック・コリアの【スペイン】が338位にランクイン! でも・どうして・なぜ・何で・こんなに早く?
 理由は初演の『ライト・アズ・ア・フェザー』バージョンだからでしょ? 【スペイン】にはチック・コリア自身の再演も多ければ,フュージョンの名手たちの名演も多い。そう。『ライト・アズ・ア・フェザー』版以上の進化した【スペイン】が“ゴロゴロ”しているのです。
 では『ライト・アズ・ア・フェザー』版が悪いかと言うとそんなことは断じてない! 初演で主演は無理かもしれませんが処女作特有のエキスたっぷり。【スペイン】が好きです。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)