UNCOVERED-1 ジャズ・フレーズ禁止「ポップ・クリエイティヴ」のカシオペア。ご存知「F−1グランプリ」のT−スクェア。中森明菜で「レコ大受賞」の松岡直也。「ヒューマン・ソウル」のナニワ・エキスプレス。あの「バンマス」MALTAでさえ「ラップ&ヴォーカル」志向へと路線変更…。

 たとえ,J−フュージョンのトップ・バンドであったとしても純粋にフュージョン道を追求するのは難しい。そう。好むと好まざるとに関係なく,そこには“商業主義”という高い壁が立ちはだかる!
 彼らはアマチュアではなく“プロ”のジャズメン。当然,ファンやレコード会社のリクエストに応じる必要がある。人気が出れば出るほど“コマーシャル・ベース”に乗ることが“良い音楽を創る”こと以上に期待されてしまう。

 フュージョン・ブームが過ぎ去り,同士が着々と路線変更を図る中,頑固一徹,フュージョン路線を曲げないバンドがある。プリズムである。
 そう。「日本のアラン・ホールズワース和田アキラと「日本のジャコ・パストリアス渡辺建を擁するプリズムこそ,J−フュージョンの代名詞=「超絶技巧」の開祖である。

 実際に管理人も(カシオペアスクェアのスーパー・スゴテクは骨の髄まで認めた上で)カシオペアには“青春”を求め,スクェアには“歌”を求めてCDをかけるが,プリズムには“バカテク”を求めてCDをかける。
 特にギターの早弾き世界一としてギネス申請された(はず?)“神様”和田アキラ! ライブでは“指がつるまで弾きまくる”ド根性! 指つり防止のエアーサロンパスに“薄くなどないフュージョン道”を教えられたものである。

 そんなプリズムにとっての“バンドの岐路”が,ドラム木村万作を迎えて完成した“ギター・トリオ”!
 ギター・トリオ結成直前のプリズムは,正直,迷走していたように思う。売れ線の名曲【TAKE OFF】の大ヒットで,コマーシャル路線を歩み始めてはみたものの,何かが足りない。プリズム・ファンとしても新作CDを聴き終えた時には“もやもや”だけが残る消化不良。
 そう感じていたのは和田アキラ渡辺建も同じだった。そこでプリズムの出した結論が1990年代の「環境3部作」=売れ線とは真逆の「脱コマーシャル」!
 レコード会社の前に“演奏を求める”ファンがいる。そのファンの前には“演奏を求める”和田アキラ渡辺建の両雄がいる。“マニアックな”フュージョンかもしれない。でもこれからは“完全燃焼”できるギター・トリオでいこう。プリズムの腹は据わった。

 シーケンサーの導入で実現できたプリズム初のキーボードレス。『MOTHER EARTH』で感じた音造りの変化に,正直,一抹の寂しさを覚えた。事実,セールス的には“サッパリ”だった。
 しかし『REJUVENATION』『A PERSONAL CHANGE』の制作を通じ“ついに”分厚いシーケンサーが鳴り始めた瞬間,プリズムが目指した「超重力級」ギター・トリオの全貌が現われた。「環境3部作」の集大成が大名盤UNCOVERED』である。

UNCOVERED-2 『UNCOVERED』はライブCDである。ライブCDの“はず”である。
 相当聴き込んだ耳をもってしても「これがギター・トリオ? これがライブ?」。にわかに信じられない「超絶技巧」の大連発! 管理人が“熱狂してきた”プリズムがここに帰って来た!

 プリズムが追い求めたギター・トリオは“そんじょそこらの”ギター・トリオではなかった。和田アキラが「レコード会社から頼みにこない限りCDは出してやらない」とまで言い切る“自慢の”ギター・トリオの完成形!
 『UNCOVERED』からは,商業的な成功を捨て“マニアな”フュージョンへと取り組んだ,プリズム“自慢の”ギター・トリオが鳴り出している。

  01. BIOLOGY'S LIFELINE
  02. SHADOW OF THE JUNGLE GYM
  03. DEJA VU
  04. IN THE AFTERNOON
  05. IDEOGRAM
  06. CALL OUT MR,M.K
  07. THE FIRST SKY AND THE LAST SEA

(イースタンゲイル/EASTERN GALE 1995年発売/EGCJ-8003)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)