『LACH DOCH MAL』の9曲目は【LIEBESLEID】(以下【リーベスリード〜愛の悲しみ】)。


 【リーベスリード〜愛の悲しみ】は,好きすぎて好きすぎて気が狂ってしまった,阿部定のテーマ! 美しいメロディであるが,変拍子が効いている。次の瞬間どちら転ぶか分からない,危険な情感たっぷりの“甘い曲”である。

 このハラハラドキドキ感は,逆立ちしても阿部定にはなれない山中千尋の“危険な恋への憧れ”の発露である。危険な恋を冒険してみたいと思いながらも,決して境界線近くまでは近づかない。リアルを体感する勇気はない。安全パイだからこそ楽しめる虚構の恋愛ドラマ。

 ドラマであればクライマックスが用意されている。4分22秒からのスパニッシュな展開が劇的! ラリー・グレナディアベースジェフ・バラードドラムが,愛憎のサスペンスへと走らせる!
 肝心所で“主演”山中千尋の足は止まっている。でもそれでいい。ちーたんには“日常の純愛”を歌い続けてほしいと思う。

CHIHIRO YAMANAKA : Piano
LARRY GRENADIER : Bass
JEFF BALLARD : Drums