『HEAD HUNTERS』の3曲目は【SLY】。


 【SLY】こそ,ジャズファンクだ! ハービー・ハンコックの“洗練された黒さ”を大いに楽しめる。

 2分3秒から始まる,ミディアムからアップテンポへの展開は,バンド全体にスイッチが入ったかのようにビートがうねる! 5分27秒から9分21秒までのハービー・ハンコックのソロが全速力で駆け抜ける!
 ただしハービー・ハンコックが熱いだけに,フロントの迫力不足が逆に目についてしまう。そこだけが残念。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

HERBIE HANCOCK : Fender Rhodes Electric Piano, Clavinet, Arp Odyssey Synthesizer, Arp Soloist Synthesizer, Pipes
BENNIE MAUPIN : Soprano and Tenor Saxophone, Saxello, Bass Clarinet, Alto Flute
PAUL JACKSON : Electric Bass, Marimbula
HARVEY MASON : Drums
BILL SUMMERS : Congas, Shekere, Balafon, Agogo, Cabasa, Hindewho, Tambourine, Log Drum, Surdo, Gankoqui, Beer Bottle