『LIVE IN TOKYO』の1曲目は【THAT ROAD】(以下【ザット・ロード】。


 軽快かつ重厚に前進するリズムに支えられた【ザット・ロード】という檜舞台で,ラリー・カールトンロベン・フォードが“実に楽しげに”一戦相まみれている。
 そう。【ザット・ロード】は,ジェフ・バブコトラヴィス・カールトントス・パノスの3人あってこそ。3人の裏方が2人のギター・ヒーローを“密封”するかのような“絡み”を演出している。

 1分56秒からのラリー・カールトンアドリブのハイライトは,3分39秒から41秒までのロック・フレーズ! 隣りで“ちょっかいを出す”ロベン・フォードの“最高の合いの手”に酔いしれて,思わず手癖が出てしまった,というところか?

 4分11秒からのロベン・フォードアドリブのハイライトは,5分52秒からの熱いエッジ音! ラリー・カールトンをバッキングで揺さぶり続けた勢いそのまま? あるいはラリーのフレーズが伝染したかのような“おいしい苦み”が最高である。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

LARRY CARLTON : Guitar
ROBBEN FORD : Guitar
JEFF BABKO : Keyboards
TOSS PANOS : Drums
TRAVIS CARLTON : Bass