LIVE IN TOKYO ラリー・カールトンラリー・カールトンの共演。あるいはロベン・フォードロベン・フォードの共演。それが『LIVE IN TOKYO』(以下『ライヴ!』)である。

 ラリーがLでロベンがR! 後日そう知ったから戸惑いはないが,予備知識なしに『ライヴ!』を初めて聴いたあの夜の衝撃は大きかった。
 あのトーンにしてあのフレーズ。2人のエレキ・ギターが全く同じに聴こえてしまう。極上のアドリブが流れているが,それがどちらのギター・ヒーローのものか気になってしまい,もうアドリブどころではない。愕然としてしまった。
 正直,聴き込み不足なのかもしれない。私はハッキリ言ってLAラインでは,ラリー・カールトンでもロベン・フォードでもなくリー・リトナー命でしたので…。でもでもそれにしても,人並み以上にラリー・カールトンロベン・フォードは聴いてきたはずなのに…。

 分かった。(管理人の聴き込み不足のせいでなければの話だが)『ライヴ!』の秘密が分かった! 『ライヴ!』のコンセプトは「競演」ではなく「共演」なのである。
 元々,ロベン・フォードの延長線上にラリー・カールトンがいたわけで,2人のギター・スタイルの“地”は似ている。基本ブルースであるがロックもあればフュージョンもある。そう。2人とも「シティ系のブルース・サウンド」が魅力のギタリストである。
 その“似た者同士”の2人が,思う存分遠慮なしの手加減なしで,互いの得意フレーズにどんどん踏み込んでいく! クロスオーヴァーして当然である。一部でバトルも出るけれど,主役はあくまでも自分ではなくリスペクトする共演者! ラリー・カールトンロベン・フォードに合わせれば,ロベン・フォードラリー・カールトンに合わせている。競争心など微塵もない。互いに相手の良さを研究してきた成果であろう。絶妙のコンビーネーションが,もう最高!
 悪く言えば2人の“らしさ”が消えているのだが,それは当の2人が望んでのこと。2人のカラーが溶けあい,ラリーでもロベンでもない“NEWラリー”と“NEWロベン”が聴ける! ここが『ライヴ!』最大の聴き所である。

 もっともラリー・カールトンにしてもロベン・フォードにしてもソロになれば“ギンギン”である。ラリー・カールトンは最初に大きな絵を描いて息の長いフレーズでアドリブを組み立てる。一方のロベン・フォードは短めのピースを徐々に完成させて全体を書いていくタイプ。最終的に同じ絵を描いているのだが,制作途中の筆遣いに“手癖”の違いが聴き取れる。
 バッキングに回った時の“節回し”の方が個性の違いが分かりやすいかな? ストレートにフレーズを刻むロベンに対しラリーは何かとひねりたがる。

 う〜む,この論調で2人の特徴を書き綴るとすると「じゃあどっちが凄い?」と白黒つけたくなってくる。でもそれは『ライヴ!』のコンセプトには似合わない。
 ここは頭をカラにして,ただぼんやりと“2人で1人の”ギター・サウンドに身を委ねてみてほしい。繰り返し聞き続けると,いつしかこの“ハーモーニー”が癖になる。この“味”が分かり出すと,次第にラリー・カールトンと共鳴できるようになる。ロベン・フォードとも共鳴できるようになる。そう。共演の“喜びの輪の中に”読者の皆さんも“割って入れる”不思議体験! ラリー・カールトンロベン・フォードの快感を感じ取れ!?

(2006年録音/VICJ-61429)

ランキングを見てみよう!