《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は361位〜365位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

★365.WHISPER NOT
LEE MORGAN SEXTET
リー・モーガン

--------------------------------------------------------------------------------------

★362.'ROUND MIDNIGHT
MY FUNNY VALENTINE
マンハッタン・ジャズ・クインテット

--------------------------------------------------------------------------------------

★362.SUMMERTIME
HEAVY SOUNDS
エルヴィン・ジョーンズ

--------------------------------------------------------------------------------------

★362.I WISH I KNEW
BALLADS
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

★361.APRIL IN PARIS
THELONIOUS HIMSELF
セロニアス・モンク

--------------------------------------------------------------------------------------

 『LEE MORGAN VOL.2』として通っている『LEE MORGAN SEXTET』は,いつも何かを感じさせてくれる。とりわけ【ウィスパー・ノット】にはリーモーの「若さと巧さ」が同居している。
 ベニー・ゴルソン特有の明るくシンプルなメロディとリー・モーガンのミュート・プレイが絶妙にマッチしている。浮遊するリズムとアンサンブルのコントラストが印象的である。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)