『TO THE STARS TOUR EDITION/DISC 1』の16曲目は【CAPTAIN JOCELYN−A TRIBUTE BY HIS CREW】(以下【キャプテン・ジョスリン−ア・トリビュート・バイ・ヒズ・クルー】)。


 【キャプテン・ジョスリン−ア・トリビュート・バイ・ヒズ・クルー】は,続く【キャプテン・ジョスリン−ザ・ピアニスト】との組曲=別アレンジ。
 この2トラックからして,キャプテン・ジョスリンチック・コリアであり,ヒズ・クルーCCEBメンバーを指しているのだろう。【キャプテン・ジョスリン−ア・トリビュート・バイ・ヒズ・クルー】では,チック・コリアの是認を受けた4人のクルーが「チック・コリア抜きのエレクトリック・バンド」を表現している。

 特筆すべきは「チック・コリア・アコースティック・バンド」時代を思い起こさせる,デイヴ・ウェックルジャズドラミング
 イントロからアウトロまで“スケール感豊かな”デイヴ・ウェックルドラミングが,80年代のチック・コリアの「サウンド・カラー」そのものである。

CHICK COREA ELEKTRIC BAND
CHICK COREA : Keyboards, Piano
FRANK GAMBALE : Guitar
ERIC MARIENTHAL : Sax
JOHN PATITUCCI : Bass
DAVE WECKL : Drums