アナログレコード

 『OUT LOUDER』の3曲目は【IN CASE THE WORLD CHANGES ITS MIND】(以下【イン・ケース・ザ・ワールド・チェンジズ・イッツ・マインド】)。

 
 【イン・ケース・ザ・ワールド・チェンジズ・イッツ・マインド】こそ,ジャム系・ファンキー・ジャズの底力! アーシーなテーマにポップな音色が衝突していき,ついには驚愕のメロディアス! 

 やはり主役はジョン・メデスキ! ジョン・スコフィールドを“アクセント”へと追いやる,オルガン離れ技の固め打ち!
 1分11秒からの何気ない音使いとアコーディオン風のフレーズが“ゆったり流れる”グルーヴィー! もう少しで逝ってしまいそうになる。

 【イン・ケース・ザ・ワールド・チェンジズ・イッツ・マインド】は,健全な危険な音楽である。何もトリップするために危ない橋を渡る必要はない。このグルーヴにどっぷり浸かれば,あらゆる世界に即トリップできるはずなのに…。三田佳子の次男へ捧ぐ…。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

MEDESKI, SCOFIELD, MARTIN & WOOD
JOHN MEDESKI : Keyboards
JOHN SCOFIELD : Guitars
BILLY MARTIN : Drums and Percussion
CHRIS WOOD : Basses


OUT LOUDER
ランキングを見てみよう!