アナログレコード

 『GROOVY』の5曲目は【WHAT CAN I SAY, DEAR】(以下【ホワット・キャン・アイ・セイ・ディア】)。


 【ホワット・キャン・アイ・セイ・ディア】での,小気味良さとスイング感が“ご機嫌”である。ついつい“指を鳴らして”リズム&カウントをとってしまう。

 軽いタッチのレッド・ガーランドピアノが実に心地良い。結構ガンガン弾いている。5分48秒から54秒までの両手での連打もある。盛り上がる。
 でも不思議と繰り返し聴いても全く疲れない。それどころか俄然元気が出てくる! 内面の疲れを吹き飛ばしてくれる!
 そう。【ホワット・キャン・アイ・セイ・ディア】は,レッド・ガーランドのエクササイズ! 疲れの溜まった休日は,部屋で静かに“癒し系”ジャズフュージョンに浸ってはいけない。疲れは身体を動かしながらとるものだ。爽やかに汗を流してこそ“リフレッシュ”なのである。

 …と,部屋でカウチポテトな管理人。【ホワット・キャン・アイ・セイ・ディア】で,指を鳴らし,首を振り,全身を揺らしながらプチ・ダイエットに励んでおります。はい。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

THE RED GARLAND TRIO
RED GARLAND : Piano
PAUL CHAMBERS : Bass
ARTHUR TAYLOR : Drums


グルーヴィー
ランキングを見てみよう!