アナログレコード

 『EMERGENCY!』の3曲目は【WHERE】(以下【ホエア】)。


 「どこへ行くの?」のフレーズで始まる【ホエア】こそ「ライフライムよ,どこへ行くの?」である。

 【ホエア】の前半は,ジョン・マクラフリンアドリブこそが聴き所! ジャズとロックをフレーズ毎に“行き来”しながら,誰も踏破したことがない最高到達点へと昇り詰める。この唯一無二なギター・ソロは,ジョン・マクラフリンが切り開いた“新次元な”音世界であろう。

 7分35秒からのトニー・ウィリアムスの大プッシュで一気に【ホエア】の景観が変化する。それまで“ラフ”に弾いていたラリー・ヤングオルガンが,突如ギター寄りに流れ出す!
 2:1となったトニー・ウィリアムスが,そうはさせじと2人を抑えにかかるのだが,ここでのトニーの戦略が素晴らしい! パワーや手数で圧倒しようとするではなく,まるで“メロディを奏でるかのごとく”颯爽と疾駆する!

 残念なのは「ライフライム」の完成度の低さ。“歌う”ドラマートニー・ウィリアムスのメッセージが,マクラフリンヤングの耳に届いたかどうか疑問が残る。
 “歌う”ドラマーを置き去りに,ギターオルガンアドリブで答えようとしている。ここはトニーと同じ言語=インタープレイに徹してほしかった。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

THE TONY WILLIAMS LIFETIME
TONY WILLIAMS : Drums, Vocal
JOHN MCLAUGHLIN : Guitar
LARRY YOUNG : Organ


Emergency!
ランキングを見てみよう!