《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は372位〜375位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

★375.WHISPER NOT
CALIFORNIA MESSAGE
ベニー・ゴルソン

--------------------------------------------------------------------------------------

★373.WALKIN'
MILES IN BERLIN
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

★373.MOVE
BIRTH OF THE COOL
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

★372.
SATURDAY MORNING
SATURDAY MORNING
ソニー・クリス

--------------------------------------------------------------------------------------

 マイルス・デイビスの「クール」と「モード」の代表作が同時ランクイン! 『クールの誕生』は9重奏楽団。『マイルス・イン・ベルリン』は黄金クインテット。これだけの才能を「集結させ統率した」マイルス・デイビスは,やはり“帝王”と呼ばれるにふさわしい。

 管理人がマイルス・デイビスを“凄い”と思うのは【ムーヴ】でも【ウォーキン】でも,マイルス自身の出番は少ないのだが,それでもしっかり“マイルス・サウンド”してみせるところ。
 例えば,リー・コニッツウェイン・ショーターアドリブに狂喜し,見守り,その感動をマイルス自身のアドリブにフィードバックする“夢の循環”がここにある!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)