『FOREST FLOWER』の1曲目は【FOREST FLOWER − SUNRISE】(以下【フォレスト・フラワー,日の出】)。


 【フォレスト・フラワー,日の出】は【フォレスト・フラワー,日没】との組曲! 叙情的でドラマティックで牧歌的! 次の時代を先取りした“フワフワとした浮遊感”漂う大作である。

 【フォレスト・フラワー,日の出】の聴き所は“やっぱり”キース・ジャレット! 1分17秒からのピアノのフィルイン。ほんのレイコンマ何秒が聞こえただけで,金縛りにあってしまう!

 このピアノの衝撃波を聴衆も感じ取ったのであろう,キース・ジャレットアドリブからわずか数秒で“自然発生的”に拍手が沸き起こっている。「よっ,待ってました。大統領!」のノリである。
 こんなピアニストって,キース・ジャレット以外にいやしません。

 キース・ジャレットの盟友=ジャック・デジョネットドラムが“元気ハツラツ”! 潮の満ち引きのごとく,寄せては返す“ナギ”のドラム・ウェーブ。4分54秒からのドラムソロは一転,荒海“シケ”のドラム・ウェーブ。“緩急自在”のドラミングが素晴らしい。

 チャールス・ロイドテナーサックスは,周囲の景色がどれ程激変しようとも,終始マイペース。まるで無重力の宇宙遊泳のごとく,最高のリズム隊が創り上げた「カヤック」に乗せられ,波と戯れ,潮の流れに身を委ねている。

CHARLES LLOYD : Tenor Sax, Flute
KEITH JARRETT : Piano
CECIL McBEE : Bass
JACK DeJOHNETTE : Drums