アナログレコード

 『COOL STRUTTIN’』の4曲目は【DEEP NIGHT』(以下【ディープ・ナイト】)。


 【ディープ・ナイト】にこそ“日本人が愛した”ソニー・クラークの魅力が全て詰まっている。そう。マイナー調を基本に「軽快なノリと深み」が同居している。

 中盤でこそアート・ファーマージャッキー・マクリーンが絡んでいるが,フロント2管の出入りがスムーズなせいか,基本的にはピアノ・トリオの印象が強い。それもこれも前テーマと後テーマの出来が良い証拠である。

 56秒からのソニー・クラークアドリブには“突然世界が明るくなった”感がある。視界良好! メリハリの効いた軽快なタッチに,毎回唸らされてしまう。“ワビサビ”の潜在意識を直撃するこの演奏,きっと日本人なら大好きだと思う。

 そして忘れてならないのが,ソニー・クラークの魅力を何倍にも増幅させて聴かせる,アート・ファーマートランペット・ソロとジャッキー・マクリーンアルト・ソロ! フロント2管の印象が薄いと書いたが,正確にはピアノ・トリオに“溶け込み・馴染んだ”アドリブが“じわりじわり”効いている!

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

SONNY CLARK : Piano
ART FARMER : Trumpet
JACKIE McLEAN : Alto Sax
PAUL CHAMBERS : Bass
“PHILLY”JOE JONES : Drums


Cool Struttin'
ランキングを見てみよう!