アナログレコード

 『WE GET REQUESTS』の4曲目は【PEOPLE】(以下【ピープル】)。


 【ピープル】こそ“黄金トリオ”の名称にふさわしい。もちろん主役はオスカー・ピーターソンで変わりないのであるが,印象としては,レイ・ブラウンエド・シグペンの抜群の絡み!

 安定したベースドラムの強力タッグが,オスカー・ピーターソンの“麗しの”ピアノを解き放つ! “下から下から”極上の音が迫り上げられてくる!
 1分25秒から始まる,オスカー・ピーターソンの天下一のアドリブが,ベース・ラインにつられている? 予想以上のグルーヴオスカー・ピーターソンが戸惑っている? そう聴こえてしまう程,2人のリズム隊が珍しく主導権を握っている。

 オスカー・ピーターソンだって,黙っちゃいない。スタートでつまずいたアドリブもすぐに軌道修正し,ついに2分47秒で飛翔する! これぞ,レイ・ブラウンエド・シグペンが引き出した,オスカー・ピーターソンの眠れる実力!
 そう。ピアノ・トリオが“黄金”へと昇華した感動の瞬間である。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

THE OSCAR PETERSON TRIO
OSCAR PETERSON : Piano
RAY BROWN : Bass
ED THIGPEN : Drums


プリーズ・リクエスト
ランキングを見てみよう!