『PERFECT RELEASE』の11曲目は【風連】。


 【風連】には,最高の賛辞を贈りたい。全てのフュージョン・ファンに捧げたい“世紀の名演”である。凄い! 凄すぎる〜! 超カッコイイ!
 【風連】一曲で100人中99人は渡辺香津美の“虜”になってしまうのでは? 事実,管理人の友人は100%=KOされて帰宅しています。はい。

 【風連】の聴き所は,徐々にリズムとメロディが“シンクロ”していく快感にある。村上ポンタドラミングが凄い,ツイン・ベースが凄い,と褒め所は多数あるのだが,やっぱり渡辺香津美ギター・フュージョンで決まりでしょう。
 3分34秒からのギター・シンセが圧巻! 4分6秒からの夢のようなフレーズが躍動し,5分22秒からは完全にイッテしまう。
 6分9秒から再スタート後は,エッジの効いた立ち振る舞いで「バッサ,バッサ」と切り倒していく。“地団駄を踏みならしながら行進する”ラストでリズムとメロディが“完全同期”して完結!

PS 4分20秒のフレーズが一日中ループすることがあって困っています。冗談ではなく真面目な悩みです。

KAZUMI WATANABE : Guitar, Guitar-Synthesizer
ICHIKO HASHIMOTO : Piano, Keyboards, Vocal
GREGG LEE : Electric Bass
KEN WATANABE : Electric Bass
SHUICHI MURAKAMI : Drums
KIYOHIKO SENBA : Percussion
MITSURU SAWAMURA : Sax
AKIRA SAKATA : Alto Sax, Vocal