『TO THE STARS TOUR EDITION/DISC 2』の2曲目は【ETERNAL CHILD】(以下【エターナル・チャイルド】)。


 【エターナル・チャイルド】を,初めて耳にした時のインパクトが忘れられない。「ほ〜っ,そう来たか」正直,にやついた。この大胆なアレンジの変更に,チック・コリアの新生チック・コリア・エレクトリック・バンドへの思いを“見透かした”気がしたものだ。

 『EYES OF THE BEHOLDER』での【エターナル・チャイルド】には,あのジャケット少女の(裏ジャケの大正ロマン風のポートレイトも)影響かもしれないが,中世貴族の「おとぎの国」をイメージしていたが,ニューアレンジで一気にジャズ・ナンバーへと生まれ変わった!
 抽象絵画から精密写真のような解像度の変化で,クリアな輪郭線が浮かび上がる! 聴き慣れないうちは,見え過ぎちゃって困ったものだが,元々【エターナル・チャイルド】の魅力はメロディ・ラインではない。チック・コリアのロマンチシズムである!

 ニューアレンジの【エターナル・チャイルド】からは,チック・コリアのロマンチシズムが消えている。その代わりにジャズの雰囲気が香っている。
 チックが“エッジを立てて”ピアノをかき鳴らす! 「おとぎの国」から解き放たれたジャズ・スピリッツ! アドリブ勝負の「ジャズの国」へと舞い戻った,ハイテク即興集団の熱演が楽しい。

CHICK COREA ELEKTRIC BAND
CHICK COREA : Keyboards, Piano
FRANK GAMBALE : Guitar
ERIC MARIENTHAL : Sax
JOHN PATITUCCI : Bass
DAVE WECKL : Drums