アナログレコード

 『SMOKIN’ AT THE HALF NOTE』の5曲目は【WHAT’S NEW】(以下【ホワッツ・ニュー】)。


 【ホワッツ・ニュー】の名演は多いが,そこは有名ボーカル・ナンバー! トランペットサックスピアノ名演がずらりと並び,ギターものは蚊帳の外…。ギターものが「ドラフト1位」で指名されることなどめったにない。
 あるにはある。しかし決まってワンパターン。ギターものの【ホワッツ・ニュー】は,ほぼ「ウェス・モンゴメリー似」なのである。

 そう。ウェス・モンゴメリーウイントン・ケリーによる【ホワッツ・ニュー】こそ,ギターもののバイブル! ギターもの【ホワッツ・ニュー】の決定版! もはや,ウェス・モンゴメリーのようにしか,ギタリストは演奏しない。 ← ちと言い過ぎたかな?

 【ホワッツ・ニュー】でのウェス・モンゴメリーは,それまでの“ダイナミック&ブルース・フィーリング”とは,まるで別人のように“しっとり”と歌い上げる!
 不思議と全てのギタリストが【ホワッツ・ニュー】では,右に倣えの“しっとり系”。ウェス・モンゴメリーの影響力は計り知れない。
 4分33秒から5分16秒までのフレーズは“涙もの”である。

 ただしウェス・モンゴメリーの【ホワッツ・ニュー】が定番へと“昇華”し得たのは,ウェス一人の功績ではない。
 そう。ウイントン・ケリーの2分58秒からの“宝石”のフレーズが凄い。3分32秒からの“センチメンタル”なアドリブがいい。
 “陰の主役”ジミー・コブブラシ・ワークが光っている!

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

WYNTON KELLY TRIO-WES MONTGOMERY
WES MONTGOMERY : Guitar
WYNTON KELLY : Piano
PAUL CHAMBERS : Bass
JIMMY COBB : Drums
 

ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウイントン・ケリー
ランキングを見てみよう!