アナログレコード

 『HANK MOBLEY WITH DONALD BYRD AND LEE MORGAN』の3曲目は【BARREL OF FUNK】(以下【バレル・オブ・ファンク】)。


 【バレル・オブ・ファンク】は,ホレス・シルヴァー! ミディアム・ファンク&キャッチーと来ればホレス・シルヴァーの独壇場! 「フロントの3管が何者ぞ」と言わんばかりに,バッキングから自分の世界を構築する。

 お待たせ! 自分のソロの出番になると“最高にハッピーでご機嫌な”ピアノを弾いてくれる。
 7分36秒からの“クリスマス・ソング風”の出だしで始まるアドリブは“ホレス節”のオンパレード! 「そこのけそこのけホレスが通る!」の“大物喰い”で,ハンク・モブレードナルド・バードリー・モーガンの「ブルーノート御三家」も“お口あんぐり”である。

 ホレス・シルヴァーに続く,ポール・チェンバースのピチカート奏法がこれまたいい! 正確なリズムと美しく豊かな音色で放たれるベース・ソロが,もう一つのハイライト!
 2つの名演を聴き終えた所で,セクステットの合奏へと戻ってくるが,明らかにフロント3管のノリが異なっている。前半の“ハーモニー主体”の演奏から,前へ前への“イケイケ”! 互いに触発し合い一気に高みへと駈け上る! ここに「ジャズの醍醐味」が記録されている。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

HANK MOBLEY SEXTET
HANK MOBLEY : Tenor Sax
DONALD BYRD : Trumpet
LEE MORGAN : Trumpet
HORACE SILVER : Piano
PAUL CHAMBERS : Bass
CHARLIE PERSIP : Drums


ハンク・モブレー・セクステット
ランキングを見てみよう!