アナログレコード

 『CONCIERTO』の1曲目は【YOU’D BE SO NICE TO COME HOME TO】(以下【ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ】)。


 【ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ】での,セクステットの面々に賛辞を贈りたい! 元来,重いはずのセクステットが軽快に“歌っている”! これぞ正真正銘“つなぎっぷりが聴き所”の名演である。

 一発ホームラン(アドリブ)ではなく,こつことと“つなぐ”野球。全盛期を過ぎたとはいえ,まだまだ狙えばホームランを打てる6人が,アドリブを捨て走者(奏者)を進めるバッティング! アンチ巨人の管理人には,この「いぶし銀」が大好物である。

 『CONCIERTO』での【ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ】は“ソロ回し”が主軸なだけに,バッキングの時間が長いのであるが,ソロイストとして前面に出る時以外は,全員自分の“持ち場”に留まり,出しゃばらない。
 実はこの手のバッキングはセクステット編成では稀なことと思う。大抵6人中1人か2人はバッキングでも“いかに目立つか”がモットー。他のメンバーにも緊張感が伝染するのが常である。
 『CONCIERTO』での【ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ】には,それがない。6人全員が“大人の演奏”に徹している。これがメッチャ気持ちいい。

 ヘレン・メリルの“絶唱”で有名な【ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ】(邦題【帰ってくれたら嬉しいわ】)は,大スタンダードの歌ものであるだけに,各人の“味付け”に個性が出ている。
 例えば,フュージュンドラマースティーブ・ガッドのハイハット&バスドラが“ガンガン”だし,ほど良い響きの4分音符のシンプルなレガートを,ロン・カーターのウォーキング・ベースが“ビンビン”引っ張っている。
 各人のアドリブをじっくりと追いかけてみると,毎回何かしら“新たな発見”に出会える。そんな奥深い楽しみが「いぶし銀」の所以である。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

JIM HALL : Guitar
ROLAND HANNA : Piano
RON CARTER : Bass
STEVE GADD : Drums
CHET BAKER : Trumpet
PAUL DESMOND : Alto Saxophone


アランフェス協奏曲
ランキングを見てみよう!